dencolog

熟成肉を扱う旬熟成さんの新しいお店がGINZA SIXさんにオープンし、現在新たなクラウドファンディングにチャレンジ中ということでご招待いただき試食会にお邪魔してきました。
※ちなみに私は今CAMPFIREさんの広報でもありますが、飲食店がクラウドファンディングを積極的に使うことが業界全体の発展になると思っているのでmakuakeさんのプロジェクトも応援しています〜。

旬熟成さんはGINZA SIXの13F。
わー、、、エントランス付近のスペースがとても広いし、旬熟成さんのビジュアルもとてもおしゃれです。
IMG_6684
店内も広くて明るい!
IMG_8469
IMG_7882

さてさて、今回は旬熟成さんが新たに開発した、フレッシュの肉を熟成させる際に使うシートの実演を見せていただきました。
IMG_3985
お肉登場〜
IMG_3769
このフレッシュなお肉をエイジングシートで包んで熟成させます。
やさしく包んでいくオーナーの跡部さん。
IMG_5289

【より早く】【より安定的に】【誰でもどこでも】をテーマに、2年の月日を経て開発したのが『エイジングシート』だそうです。

『エイジングシート』は業界では今まで無く、そして世界にも類を見ない、新技術によって開発された、まさに“魔法のシート”です。『エイジングシート』で作った熟成肉は従来の半分くらいの期間(旬熟成では、熟成庫で100日間)で仕上げることができ、シートには熟成化に必要な菌だけを付着させ、人体に有害を寄せ付けないため安心安全に熟成肉を作ることが可能となりました。

早く安定的に熟成肉が作れる魔法のシート…ってなんかすごい。(理系出身ですが、生物にはとても疎いので表現が乏しい…すいませんw)
この『エイジングシート』の誕生により、牛や豚はもちろんのこと、今まで発酵熟成が困難とされていた鶏肉や、獣臭が強い鹿や猪などのジビエにも臭みが無くなり柔らかくなるなどの効果があるなど、『エイジングシート』の可能性が広がっています。

今後も日本で生まれた発酵熟成という技術を国内に留まらず、海外に向けて発信し、拡大していうことで新たな日本発の食文化を作り上げていきたいと思います。
という訳で、実際に実食をば。
まずはタルタル。30日熟成のものということで、食べる前から香りがちが〜う。
普通のお肉では感じられない香ばしさがあります。肉の弾力もちょうどよくてとても美味しい!
IMG_0201
続きましては食べ比べ。
左がフレッシュなお肉で、右が熟成肉。全然見た目の違いはありません。
ちなみに奥から
 ポーク
 黒毛和牛
 アンガス牛 の順に並んでいます。
こちらがフレッシュだけど、普通に美味しいw 割となんでも美味しいと思うタイプなので…
IMG_9362

そして熟成肉をいただきます。
IMG_6916

って、、あ、、?ああああ???
もう全然違う食べ物になっている…これは…
箸でつまんで口に持ってくるまでにすごく芳醇なでも少し癖のある独特の香り。この旨味ねっとりの香りと柔らかい繊維でとろけるような食感はハマる!!!
シンプルに塩で食べるのがお肉の味を感じさせて良さそう。

このほかにもサーロインの炙りなどいただきましたが、通常のお肉よりも脂がしつこくなくてさっぱり、口からとろ〜んととろけて消える感覚がとても新鮮です。

IMG_7072

店先でもエイジングシートに包まれたお肉が待っていますが、残り少しのクラウドファンディングでもリターンでお肉をいただくことができるプランが展開されています。
ぜひこの魅惑の熟成肉ワールド、経験してみてください!この沼はハマるぞ〜www
プロジェクトはこちらから
スクリーンショット 2018-06-06 14.19.00

旬熟成さん、ごちそうさまでした!

会社辞めてフリーランスとかいうゆるふわな、人によってはちょっとちゃらんぽらんと感じる、はたまた最近ちょっと流行りのアレでしょと思う人もたまにいる、そんなポジションで生活を始めて2ヶ月が経ちました。

あまりにあっという間で、ちょっと色々あった出来事でもまとめておこうかなと。こんな感じでした〜はじまりはじまり〜(今回も案の定長いです。)

[3月] 2月末に退職の発表をしたので、退職日の3月末まではほぼ丸々有給もらって五島列島に旅に出たり営業活動してました。ちょっと会おうよとか、お仕事のご相談で呼ばれて行ったりとか、こちらからお礼参りしたりとか。(一応こっちでも書いている。)
1日3アポくらいだったので約1ヶ月で60箇所くらいは行ったみたい。夜は激励会的なものもやってもらったりして結構な数の人に会いまくっていたようです。本当にめまぐるしい日々だった…。肝臓まじ頑張った。
サラリーマン広報の時は、昼間は会社で毎日外の人たちと常に30人くらいとチャットばかりしていたので(それもどうなんだ)、久々に昼に外に出まくる生活は新鮮でおもしろかったなぁ。とはいえ、お仕事案件だと思って出向いたらただのおしゃべりで終わってしまって無駄な時間になったり、タダ働きさせられそうになったり、スキルの搾取されまくったり、依頼された内容が全然マッチしなかったり、互いの意向をマッチングさせる難しさも経験。相手に悪意がないからこそ傷ついたりもしました。これもやってみないとわからないことだったので早めにわかってよかったかもと今は思っています。

[4月] 3月に来た案件が本格稼働。すぐに波に乗れた仕事がいくつかあったのでとてもよかった。ここでつまづいていたらけっこう焦ったりするんだろうなぁ。私の場合は、まぁ多分食いっぱぐれることはないかなーくらいの、いわばほぼ無計画でのフリーランス化で、今思うと割とリスキー。でも、そんなによぉおおおし!働くぞーぉおお!!!とかいうテンションでもなかったからまぁそれもよかったのかもしれない。仕事がなかったら多分宮古島のゲストハウスでヘルパーでもやりに行っていたような。
IMG_4143 2
ちょこちょこ新しい仕事が始まったりした中で、ReluxさんのReluxアンバサダーで熱海旅行に行ったりもしました。平日の昼からビール飲んで温泉入ってって、あぁサラリーマン辞めた感あるわ〜なんて、開放感全開で幸せの絶頂を感じて東京に戻って来たら、その1週間後にはアニサキスで死んだ。笑
急遽手術しますということで病院で初めての全身麻酔をされて、ある意味あの体験も幸せの絶頂だったかもしれない。。や、なんでかって、あの麻酔から一度醒めてもう一度ふにゃぁぁと寝入る心地よさ、ちょっと今まで体験したことがない快感で忘れられない。アニサキスにあたって本当によかったと思っています。なんだそれw

そんなこんなしてたらけっこうあっという間に日々が過ぎて行きました。
複数案件持つと、自分で手を動かす系の仕事はまとまった時間が取れないと滞ってしまったり、なるべくリモートで片付けようとした案件は自分の熱量が下がってしまったり、やっぱり直接会って話すってその仕事の熱量を高めるのに必要なことなんだなぁと実感。チームでがっつりやるべき案件は今の私の生活スタイルだとハマらないし、自分自身も求めていないことがわかりました。とはいえクリアしなければいけない課題だからなんとかしよう、そうしよう。

ブログでフリーになったことを書いていたら、広報女神の田尻さんからVoicyでフリーランス広報ってどうなんさ?という話しませんかという話がきて出演してみました。自分の声を聞くことってこれまでなかったので楽しかった。

あ、誕生日もたくさんプレゼントもらって楽しかったなー。ありがたい話やで。
IMG_3003
[5月] ゴールデンウィークは山梨の友人宅でタラタラ遊んだり、中旬には軽井沢で別荘地ツアーして温泉入ってビール飲んだり、月末には大阪京都で遊んで甲子園で野球見て阪神ファンと仲良くなったりと割と毎週地方で遊んでいました。もう仕事と遊びの境がない生活が楽し過ぎて、会う人会う人みんな「なんか楽しそうにやってんね」と声をかけられる感じに。なんか楽しそうだから話聞かせてよのお誘いも増えて来ました。

仕事はFOODITというカンファレンスのスポンサー集めを集中的にやっていて久々の営業活動。これがまぁ楽しい楽しい。やってみて思ったけど、数字が積み上がるのが快感でなんでこんなに快感なんだ?と思ったら広報では数字を積み上げるとかがなかなかできないのでそれが実は自分の中で一つのフラストレーションになっていたんだなぁと。なので、広報でフラストレーションたまっている人はたまに営業をやるといいんじゃねと思いました。他のクライアントの仕事でも紹介代理業やっていますが、こっちも獲得できるとめっちゃ嬉しい。しかもそれはこれまでの人脈を活かせるものだったので、これも私だからできる仕事ということで自分の中での納得感も高い。めちゃめちゃ時間割いている感じじゃないけど、人と繋がっていたことが誰かの役に立てるというのはとてもやりがいを感じるポイントと気づけました。
あぁ、ほんと営業って楽しいなぁ。。好きだなぁ。。

CAMPFIREの仕事でフィッシャーマンジャパンをゲストにクラウドファンディングについて語る会もうまくいってよかった。夢がちょっとずつ叶えられる喜び、噛み締めた。

あとはよく行く家の近所の飲み屋がバイトが足りないということで手伝いに入ったのも楽しかった。昔、居酒屋でバイトしていた時はただの作業的な感じであまり面白くなかったけど、飲食の中の人たちのことを知っている今働いてみると、全然違う。お客の立場も経験しているからどういうことが求められて喜ばれるのかを考えながら仕事するとクオリティが全然変わってくるなと。とはいえ、飲食の現場ってやっぱり大変だということも実感。いつも美味しくて素敵な空間を用意してくれる飲食の方々へのリスペクトがさらに高まるいい体験でした。

5月に入って急に増えた案件は取材や講演依頼。これはびっくりした。BuzzFeedでLINEpayの広告企画でプロ幹事として出たり、某メディアからは某会社の取り組みについてコメント欲しいとか。母校で広報について講演して欲しい、女子大でキャリアについて語って欲しい、地方の若者向けに東京で働くことについて話して欲しい、フリーランス広報について対談して欲しい、などが立て続けに来て、お話案件フィーバーが急に来た。ちょうど人前で話す仕事もチャレンジしてみたいなーと心の中でつぶやいていた時だったので、テレパシーって伝わるんだ〜わわわ〜と一人で騒いでました。というわけで、6月はお話仕事が多く予定されています。

あと、あの人と会ったらいいよと紹介をめっちゃしてくれる人がたくさん現れるようになったw 多分今の自分に共感してくれているからなのかな、と思うのだけど、その紹介先の人がずっと会ってみたかったり明らかにめっちゃ合うわ…!な人たちばかりで毎日ヒャッホーヒャッホー言っています。これは本当にありがたい。そこからまたお仕事につながったりもしているのも、大変よき。です。ニックさんとかまじ感謝してる。

4、5月は様子見で、いただいた案件はほとんどお断りしてしまったのだけど、6月以降はもうちょっと増やしてみたいなと思っていて、2社くらい新たに始められたらと思っています。一つは過去にやれなかったことがリベンジできる仕事でもう一つは自分の未来を一緒に築いて行くことができそうなクライアントさん。どちらも自分のことをよくわかっていてくれたり、尊敬している方からの紹介なのでいい具合に進められたらいいなと思っていてどういうスタイルでやって行くか今検討中です。
IMG_3773

うーん、あと何していたかなー、もう毎日がエキサイティングすぎてすぐ忘れちゃう。細かに書き記しておきたい。どんどん自分の考えが前に前に行っちゃうから、たまに立ち止まって振り返った時に何か形で残しておかないと前のめりな発想でしか進めない人になってしまいそうで怖いから。

あ、思い出した。今までやらなかったこと全部やったろうと思ってピアスの穴開けたり、永久脱毛したり、洋服やカバンや靴買いまくったり、化粧品threeで揃えてみたり、3年住んでる部屋で初めて模様替えしたり、ご飯をストウブで炊飯するようになった。些細なことだけどずっと気になってたしこりがとれた感あって爽快。来月はペーパードライバーを卒業する予定です。

そうだ、昨日初めて税務署なるところに行ったのです。開業届と青色申告用のなんちゃら届けを出して来たのだけど、とても緊張した割にあっさり終わったし、受付のお姉さんやさしかった。
ホッとしたので、帰りにニトリで新しいフライパン買ったんだ。

そんな感じっす。
ちなみに明日から長崎の壱岐島に行って来ます〜。釣りするんだ〜。楽しみ〜。


フリーになることが決まって最初にお手伝いすることになったのがCAMPFIREさんでした。
CAMPFIREはクラウドファンディングを中心としてゆるやかなお金の流れを作ることを目的とした事業をしている会社さんです。
ずっとIT企業で働きながらも、実は情弱だった私、このあとやる仕事も仮想通貨等の金融系やAI,IOT関係はなんとなくやめておこうと思っていました。でも、人のつながりをお金で作り出すことができるCAMPFIREの理念や家入さんの考えにはとても共感していたので、自然な流れでお仕事を請け負うことになりました。
IMG_6940

週に一度オフィスに伺う中で、食のプロジェクトを増やしたいということでイベントを開催することに。過去の事例の中から成功しているものを紹介しましょうかという流れでポンと出てきたのはフィッシャーマンジャパンの魚谷屋さんのプロジェクトでした。
スクリーンショット 2018-05-17 20.27.13

フィッシャーマンジャパンは2014年に発足して、その時は私はまだOisixにいた時代。ちょうど東の食の会がフィッシャーマンと一緒にイベントしたりなどの流れで繋がりはあったものの直接的にお仕事をするまではいたらず、いちファンとして支援するくらいでした。
その後トレタに転職して、フィッシャーマンが中野に飲食店を出すということで理事の津田くん(大学の後輩でバイト仲間だった)からトレタを使いたいということでやっとお仕事っぽい形で関われるように。でも私ができたのは営業に繋いで、オープンの時にブログ書いたくらい、、かな。

で、フリーになるとなった時に一番にやりたい仕事として思いついたのは海とか魚介とかなんかそういう分野に関わる仕事だったんですよね。
有給期間中に五島列島で釣りしながら仕事しながら、みたいな時間を過ごしていた時に、五島の漁師と飲んでいた夜、ジモコロの柿次郎くんからメッセが。「なんかフィッシャーマンと話をしていたらでんちゃんの話が出てきたんだよー」と。え?こっちも漁師にフィッシャーマンの話をまさに今していたところだよ!!なんて偶然が重なったりもしていました。

話を戻すと、CAMPFIREでイベントをしましょうとなった時に、「あ、今かも。」と自分の中でピピンときました。やっとフィッシャーマンと魚谷屋さんと何かできる。何か返すことができそう。そんな気持ちでした。自分の中でもフィッシャーマンたちの活躍から勇気を得ていて、そんな気持ちが何かを返したいという衝動に繋がっていたのかもしれません。

オファーをしたところ、これまで登壇経験のなかった魚谷さんが、「実はちょうどこういう機会を増やしたいと思っていたところだったからとてもありがたい。」と返してくださったのもびっくりだし、ハセタクさんも私と何かできることを喜んでくれたのもうれしかった。
32536963_10216199477681475_2514868656509288448_o

というわけで、裏方としてイベント設計をと思っていたら、CAMPFIREの食担当のみなさんから「でんさんがモデレートしたらいいんじゃないですかね」と。
いやいや、私はあくまで裏方っすよ、と思っていたけど、考えてみたらこれまでのフィッシャーマンの活動ほとんどウォチしてきたし、なんなら石巻で漁船にも乗ったくらいだわw ということで、出ることにしました。
IMG_3660
実はイベントプロデュースはたくさんしてきたけど、モデレータとして何かをしたことはなかったな…というのを登壇している最中に気づいたんだけど(遅いw)、話していたら実は知らない彼らの努力がたくさんで、魅力もやっぱりたんまりあって、あぁ、この人たちのこと、やっぱりどうにも好きなんだなぁと。改めて、惚れてるんだなぁと。思いました。
32381085_10216199476561447_7656301881165086720_o

イベントは30名定員があっという間に満席になったので50名まで増席しました。無料イベントだったので歩留まりもとても心配でしたが、蓋を開けてみたら8割近い参加率でとても高くて。
アンケートの満足度も5点満点の4.7と驚異的な数字で、これ10点満点じゃないよね?と聞いたほどで、お客さんも満足してくださったようで本当によかった。(もちろん、初めてのことでとても下手くそなところもあったのでそれは次回改善していきたいと思っています。)

何より、ハセタクさんと魚谷さんが楽しんでくださっていた様子がうれしかったし、CAMPFIREのみなさんも嬉しそうにしているのがホッとしたというか、貢献できたと思っていいのかな、という感じでフリーランスになって初めての充実の時間だったかもしれません。
元同僚のトレタの営業がお客さん連れて来てくれたり、私の仲良しの飲食店さんも何名か来てくれて、しかも実際にプロジェクトをすることになったり、なんていう流れも含め想定以上の温度感でいい時間となりました。
CAMPFIREの食の担当以外のスタッフの方々も何名もきてくださっていてお話できたのも、実は結構うれしかった。みんなとても話しやすくて感じのいい人ばかりだし、最後の撤収の荷物もオフィスまで運んでくれたりとても協力的で、あ、いい会社なんだな〜と改めて思いました。

フリーランスでどういう形の仕事ができたら満足なんだろう?って自問していたけど、こういう風につながりのあった人たちの魅力をリアルに伝えられる機会を作り出せるってのがなんとなく自分の中での満足度高いポイントなんだと気づくことができましたし、夢を叶えながら仕事ができるって本当に理想だけど、理想で終わらせずに実行できちゃうことなんだなと。

まだ関わって2ヶ月ちょいだけど、まずは一つ形が作れたのでまた来月以降も頑張りたいと思います。
来月はこれまた五反田時代にお世話になったノオトの宮脇さんをゲストに招いたクラウドファンディングの新しい支援の形をお話いただくイベントを開催です。
CAMPFIRE CAMP 略して「きゃんきゃん」、ぜひ来てくださいね。
32377775_10216199476361442_2734069463581196288_o
フィッシャーマンジャパンのハセタクさんと魚谷さん、そしてCAMPFIREのガモちゃん。
また一つ夢を叶えられてうれしいよ。ありがとう!



↑このページのトップヘ