dencolog

今年のお誕生日当日はここ2ヵ月色々あった自分へのご褒美や目標という意味を込めて竹富島でのんびり過ごしました。とても良かった。大満足!と思っていたら、気のおけない友人たちがさらにGWに誕生日を祝ってくれると。ありがたい。。。涙

事前に友人に「寿司は好きか?」と聞かれて思ったことは、
「どんなに食欲がない時も、寿司のことだけは片時も忘れないくらいに好き」でした。北海道の石狩出身だし、一人暮らしになってはじめにしたことは"毎日刺身を食べる"だったくらい魚介が好き。魚介に溺れたい。(なんの欲w)

なので、出張寿司が我が家に来ると聞いて、大興奮…!
でも、私、寿司職人の友達が多くて呼べばやってくれるし、何が違うんだろ?の疑問も。
そんな期待と不思議な気持ちが混ざった状態で当日を迎えました…!

えっと…もう結論言っちゃいますね。
若いイケメンが寿司握ってくれるサイコーなサービスだった!!!
IMG_0922

では、詳細のご説明を…笑
今回お願いしたのは SUSHI+さん。まだ3月にサービス開始したばかり。
高級出張寿司ということで頼まれたら色々なところに出向くということで、この日は電車で来たそう。場所によってはレンタカーでお邪魔したりもするようです。
料金も6000円〜とリーズナブルですよ〜。

開始時間の30分前にきて準備を始めます。
いつものキッチンが、なんかユニフォームを着た職人さんがたつと違うステージに見えます!
IMG_0867
てか…思っていたより…若い!
IMG_0873
お寿司屋さん=職人さん=おやっさん イメージがありましたが、来たのは若者。
だけど寿司の学校を出て寿司屋で修行もしていたとのことでとても仕事は丁寧。
IMG_0875
目の前で準備してくれるので、早めにきた友人がパシャパシャ始めましたw
IMG_0877
撮影は全然オッケーっすー!の気さくな感じがとても好印象!
IMG_0879
仲間が集まったのでカンパーイ!
この時に出た意見としては、お寿司屋さんに行くとなんとなく日本酒頼まないといけないのかなとか思っちゃうのと。本当はワインも好きだし、自由に飲みたいものが飲みたいのよねと。
なのでこの自宅でドリンクは自分たちで好きなのが用意できるのは気が楽で楽しい!!!!
IMG_0880
一人一人の席にお通しが。
IMG_0882
ホタルイカはふっくら、エビの酒盗和えも美味しい〜
IMG_0884
お!イケメンが中トロ握り始めた!と思って行くと ポージング!w
IMG_0886
カメラ目線もバッチリww
IMG_0890
寿司の自然光バージョンってあんまり見ないですよね。夜に薄暗い店内で食べることが多いのでこの写真の仕上がり自体もとても新鮮!
IMG_0892
炙りもしてくれます。
IMG_0896
このきゅうりっぽいものは…なんと、、メロン!!!
IMG_0897
事前にこういうのを出して欲しいなどのリクエストもできます。
IMG_0898
IMG_0899
IMG_0901
IMG_0902
赤貝…好き…好き…大好き…
IMG_0903
もう、、、美味しすぎて眉毛がへの字になっちゃった(でん)ww
IMG_0905
IMG_0907
まさかの、職人があーんしてくれている…!!!笑 
IMG_0929
うにもモリモリでした…!
IMG_0912
実際はネタはもっと出ていますよ〜。
途中で記念撮影もスタッフさんがしてくれました!(撮影はサービスには含まれていないはずw)
ちなみにこのTシャツは去年の誕生日にみんなが作ってくれたものですw ありがテェ
IMG_0914
と、思ったら、なんと魚介丼に花火が!!!!
ハッピバースデーの歌と共に魚介が出てくる幸せったら!!!ない!!!www
IMG_0916
すごい、、魚介のバラw
IMG_0918
よーく見るとうにも巻かれて花になって…いる…?w
IMG_0919
ほんでイケメン職人たちと撮影のサービスまで!!!
IMG_0922
みんなありがちょー!!!
IMG_0925
興奮しすぎている図ですw
IMG_0927
最後に残った中トロと赤身で太巻きを!はみ出てる!!
IMG_0931
クァああああ!美しい。。
IMG_0932
最後まで美味しかった。
良かったことまとめ
・自宅なのでリラックスムード
・好きなドリンクを好きなだけ飲める
・他の客のことを気にしなくていい
・職人がとてもフランクで気さく
・若いので撮影にも柔軟だし理解がある安心感
・緊張せず友人のように接することができる
・かといってネタが手抜きということはない
・寿司ネタの事前リクエストができる
・ネタはどれも美味しい
・バースデー対応もバッチリ
・お値段もお手頃
・自宅はもちろん、会社のパーティもOK

てな訳で、とっても良かったので、次は7月の末に予約しちゃったw
また会えるのが楽しみです!
SUSHI+のお三方、本当にありがとうございました!!!


とってもおすすめなのでぜひ一度ご体験あれです〜にっこり
でんこの紹介と言うといいことあるかも?ですw
IMG_0935

ケガをして入院したら1週間で25万くらいかかると病院の人から言われた。
顔も体も脳もイカれているところに大金払えと言われてなんだかちょっと絶望的な気持ちだった。
お金がないわけではない。貯金はある。でも、仕事もできず、稼ぐことができない自分の状態とただ口座から金が減っていくことがとても悲しかった。
本当になんの役にも立たない、ただのポンコツな存在になってしまった気がした。

悲しかったのもあるし、脳が壊れていたのもあってとても涙がでた。不甲斐なさ、情けなさ、無力さ、、、自分を取り巻く感情は割と不幸の類の物だった。

ここ最近は自分のやりたいことをすぐやりたいようにやれる環境だったので一気に不便な生活になったことに自分自身がついていけていなかった。でも現実は迫ってくる。なんでかわからないが、polcaをやってみようと思った。入院費のうち10万円でも支援してもらえたら気持ち的に違うんじゃないか…と思ってその目標金額にしたが、本当のところは誰がどういう反応をするんだろう、誰かとコミュニケーションしたい…そのきっかけが欲しい…だったのかもしれない。

Facebookにpolcaのリンクとともに投稿をした。普段は絶対に書かないさびしいという言葉が無意識のうちに出ていた。普段はあんまりさびしいって思わないし、思ったとしてもすぐに誰かに連絡していた。投稿したその時は本当に自分の状況がさびしすぎたんだと思う。
投稿してすぐにピーンとpolcaの通知がなった。仕事でお世話になった方だった。恩義があり、恩返ししなきゃいけない方…すぐに次の通知。いつもの友人だ。そこから通知が止まらなかった。鳴るたびに涙がどんどん出てくる。polcaはクレジット決済だし、名前の登録などの作業が必要なのに、そのハードルを超えてみんながpolcaとお金というツールで支援の気持ちをくれた気がした。

4月11日現在、298人から112万円が集まっている。想像もしていなかった人数と金額。私にとっては金額はもちろん、何よりその人数がうれしかった。300人近い方が支援してくれている、その事実が何よりも励みになった。


いくつかもらった声や感じたこと、御礼の気持ちをpolca以外のことも含めて書いてみる。


1,わかりやすいアクションプランとpolcaを使う機会をくれてありがとう
ケガをして入院した人に対して何かをしたくてもその人の望みがわからずどうアクションを取ったらいいのかわからないが、今回は入院者自らが望むものが明らかだったのでアクションがとりやすかった、ありがとう。というような内容のコメントをいくつももらった。
また、polcaを初めて使ったけど、気軽にできてとてもいいね、という声も多かった。使うきっかけをくれてありがとうのコメントも。あと、自分も病気になったときこういうものがあるんだという希望をもらった気がしたよ、との声も。

2,元livedoorおじさんのすごさ
私は元livedoorの友人が縁あって30人くらいいるのだけど、その方々の反応がとてもすごかった。もう何年も会っていないのにびっくりする金額をさらっと送ってくる。しかも、一人じゃなく、何人も。。メッセもさらっと。。なんだろう、このカッコよさ。。みんな今もIT企業にいてお金をオンラインで送るということ自体に慣れているのだろうな、と感じた。さらにオルトプラス嶋田さんに至ってはうちからなぎまでタクシーで往復送ってくれて、ご馳走して、入浴剤もたくさん買ってくれた。。いい人。。ありがとう。。普通に元livedoorの人っていい人なんだろうなとも思った笑

3,前職トレタの創業メンバー
前職のトレタからも色々あった。ひとしはスキーついでに見舞いに来て、翌日のサービスリリース情報を置いていった笑。CTOだった増井さんは意外にも花を贈ってくれた。メッセージまでついていた。ペパボマフィアのけんごちさんはやはり家入さんとの関係なのか、polcaで支援してくれた。w
株主の磯崎さんと難波さんもpolcaしてくれた。なんか、、離れて1年経つのに、その気持ちが嬉しかった。。メンバーのみなさんも支援、ありがとう。

4,ITベンチャー社長たちのコミュニケーション力
ITベンチャーの社長のアクションの早さやメッセージに込められた熱に胸があつくなることが多かった。
いくつかエピソードを。
Relux社長の篠塚さんからは「元気になったらReluxで旅してくださいね」のメッセージとpolca、本当にうれしかった。旅をするなんて考える余裕が一切なかった私にとても希望のある一言だった。篠塚さんだから言える言葉、すぐのアクションが本当にうれしくて、また泣いた。
SmartHRの宮田くんはちょうどお婆様の容体が悪くて熊本に帰っている時に励ましのメッセージとamazonギフト券をくれた。ご自身が入院した時に読んだ本のリンクも。自分自身が辛い時なのに人を励ませるってすごいと思った。ありがとうありがとう。
CAMPFIREの家入さんはpolcaして快気祝いしようねとコメント。家入さん、CAMPFIREのみなさま、polcaを作ってくれて本当にありがとう。

他にもITベンチャーの社長のみなさまからコメントやpolcaもらった。とにかくみんなうるっとさせる人の心を動かす文章を贈ってくれた。。逆にサクッと大金を送り、メッセなしスタイルのストイック型の方もいて、こういうのも人それぞれだなぁと思ったり。

今の私の状況をすぐに理解して合うものを提供できる力が本当にすごい。多くの人と出会い経験することで洗練されてきているのだろうなと。またいつかITベンチャー業界に貢献したいと思った。

5,久しぶりの人たちとの交流
佐藤ねじさんや徳谷柿次郎くん、かたぷるさん、ぜびこなど最近会えていない人たちからの支援にはほんとびっくり。久々にやりとりができたのもうれしかった。。

特にぜびこ(今はLINEの福田さん)からのメッセージが泣けた。polcaの支援ありがとう。今私はこんな気持ちでいますというメッセージを送った後の返信文。関係性や状況などを踏まえた上で自分がどう感じてどう行動したかをとてもわかりやすく配慮した上で書いてくれていて本当に胸が打たれた。

大変なところメッセージありがとう。お大事にね。
しんどいだろうから、ここから先はもう少し回復して、もし気が向いたら読んでください。

****
こうやってきちんと思いを返すからこそ、でんちゃんを愛して、心配する人がたくさんいるんだね。今回の一連の投稿を見て、本当に不安で心身ともに元気がない状態だろうなと、心痛していました。
ただ、ずっと会っていないし、実際会ったことがある回数もとても少ない関係性だし、言葉で伝えても元気づけられなかっただろうから、こういった形で少しでも力になれていたなら嬉しいです。
他にももし私ができそうなことがあったら声かけてね。一日でも早い全快を心から祈っています。


6,いつものコミュニティからのpolca支援
他にも企業やコミュニティからの支援も多く、恵比寿の英治出版baseのみんな、でんこラボのみんな、ヤッホーのファンのみなさん、ブロガーさんたち、過去の仕事仲間、ゴールデン街仲間、高校・大学からの友人や広報仲間、メディアのみなさま、Oisix、Ciftやメルカリ、いつもの飲み仲間からの支援も本当にありがたく。。あとアフリカやオーストラリア、ドイツなど海外で頑張る仲間からも支援が。うわーん・・・涙が止まらん。。。名前だけではどなたか判断できない人もたくさんいるけど、いつかありがとうの会をやりたい。。
polcaではなく、お花をくださった方々にも本当に感謝。花が大好きなのでケガをすると花をもらえるのだからケガも悪いもんじゃないなぁとか思うくらいにうれしかった。

今回、様々なコミュニティの方から支援いただき、日頃から会社だけではない、他のコミュニティにたくさん所属していてよかったなぁととても強く思った。特に自分が主体的に参加したり運営していたコミュニティの存在は自分の心の支えになっていた。


絶望的な凹んだ気持ちが本当にpolcaからの "多くの方々のやさしい想い" に救われた、そんな気持ち。
IMG_3695

========================
polcaで支援してくださったみなさまへ
========================
本当に本当にありがとう。私はみなさんの起こしてくれたアクションによって心が救われました。お願いがありまして、恐縮ですがもし会った時には、「polcaしました」と言ってもらえないでしょうか。こちらからありがとう!と御礼を言うつもりですが、人数が多いのと脳の記憶力が現在あまりない状態なのでお礼を直接こちらから言い出せない可能性もあるのです。でも、私はぜひ感謝の気持ちをお伝えしたいと思っているので、遠慮なく「polcaしました」と言ってもらえるとありがたいです。

========================
CAMPFIREのpolca担当さん
========================
こんな形で使う日が来るなんて元気だった頃の私は思いもしませんでした。実際に使ってみて、こんなにも勇気をもらえるものなのかととても驚いていますし、温かい気持ちでいっぱいになりました。
これからもたくさんの希望が生まれるものと信じています。
サービスの開発と日々の運営、本当にありがとうございます。

****************************

体の状態は始めの頃からはだいぶ良くなりましたが、この先もまだ完治までは時間がかかりそうで今回の支援は治療に使わせていただきたいと思っています。
また、今回のpolcaはあと3日ほどで終わるようなので、終わったら支援してくださったみなさんへの感謝の会をどうするかも考えたいと思います。快気祝いはかなり先になりそうなので、まずは感謝会かなぁと。あったかい会にしたいなぁと思っています。



本当にありがとうございました。



polcaは2019/4/17から月額でも利用できるサービスを始めるようです。
これもまた誰かの困ったを助けてくれるはず。いいですね。

※最後宣伝っぽくなったけど、御礼の気持ちで載せただけだよ。笑 






軽井沢でのスキー事故で病院に運ばれて外傷性くも膜下出血や外傷などで10日ほど入院していましたが、先月退院しました。
退院してからどういう生活なのか、今の状況など心配してくださっている方がいるので書いておきます。また自分の備忘録としても、また書き始めると自分の心境をまた深く理解できたりもするので、書き残してみようと思います。書いてみたらとても長くなった。文章まとめるのもヘタ。


今日は4月3日。事故を起こしたのが3月9日なので、来週で1ヶ月が経とうとしています。
入院して2日ほどの記憶は全くありません。1週間くらいの記憶もほぼありません。メッセのやり取りやSNSの投稿・コメントなどはとても活発にしていたようですが、脳が損傷した影響なのか、記憶がないのです。
なので、せっせか手紙を書いて出した相手と実はメッセでもやり取りしていた…なんてことが後から判明したりもしました。何度もおかしいなぁと思った方、いたらそういう訳でした。すいません。

今思うと、
1週目:顔面傷だらけ、口内傷だらけ、とても腫れて無残な状態で体もまともに動かない状態だけど、前職が予約管理の仕事だったので予約の無断キャンセルやドタキャンがいけないということが体に染み付いていたみたいで、予定されていた約束事の相手へのご連絡等だけは積極的にしていたみたいです笑。
逆にキャンセルしとくね、等のご連絡いただいたみなさま、本当にありがとうございます。 
全体的には物理的な体の損傷と脳の損傷が大きくてあまり物事を考えられない時期でした。

2週目:顔面全体にあった傷がどんどん治ってきて、看護師から若いって素晴らしいと、治癒力を褒められる毎日。自分でも肌の回復力の異常な高さにびっくりしました。リハビリの先生もとてもかっこよく(しかも野球のピッチャー!)、毎日15時のリハビリタイムが楽しみ。でも、ここら辺からメンタルの不安定さが出てきました。普段はスーパーポジティブで落ち込むことなどほぼない、悩みがないのが悩み、くらいなマインドなのに、何をどうやっても落ち込んでしまうという症状が現れました。うつ状態はとても辛く、仕事ができない、体がいつ治るんだろう、ずっとこのままなんじゃないか、などの心配事でいっぱいでした。が、polcaで大きく救われます。別記事で書きますね。
IMG_2801

3週目(今):もう病院でできるリハビリはなく、安静に日常生活をすることがリハビリになるということで退院して自宅で穏やかに過ごす毎日。会社は休んでいます。私は朝日を見るのが趣味なので、5時に起き、朝日が出る前の赤くもわ〜っとした景色を堪能。そこから情報収集やメッセ。といつもの流れ…と思いきや、情報収集する意欲が前よりも5分の1くらいまでなくなりました。以前の自分を別人だと思っています。あんなに情報収集したり、活動していたなんて、とても常軌を逸しているとまで思っています笑。

午前中はまだ脳みそが動くので人とのやり取りや作業は午前中に一気にしています。でも、長い文章はあまり読めません。長い文章は流すようになってしまいました。無意識に短い文章を求めています。本は体調によって読めたり読めなかったり。本だとくにゃっとなるので遠近感が微妙に違うので気持ち悪いのです。kindleの方が今は読めます。毎日誰かしらが見舞いに会いにきてくれたりするので午後は人に会ったり、もともと怪我前から予定していた花見や野球観戦などのイベントごとにちょっとずつ参加しています。

自分がどのくらい動けるのか、何ができないのかを知るために、という感じで行くこと自体がリハビリと思って1日1回は必ず外に出て人とコミュニケーションをとるようにしています。わかってきたのは、外出はできるのですが、歩くと景色がグラングラン目の中に飛び込んでくる感じで、3Dの世界がさらに3D化しているから、うーん、9D?笑 のような世界。それは3週間経ってもそんなにほとんどよくなってこないです。一人で歩くことはできるけど、とても視点を合わせることに脳みそを使うので疲れる。誰かの腕を組んでもらえるととても安心して歩けるなぁという感じです。たくさん人がいる中から誰かを見つけるのはとても難しい。東京ドームで待ち合わせした人を見つけるとかは難易度がとても高かったです。たくさんある物の中からというのはお店で商品を選ぶ時なども同じでとても脳みそと目を使うので大変。

あと、お昼寝を毎日2時間はしないと、夕方にはエネルギー切れを起こすので毎日ランチ後には必ず寝るようにしています。
食事は全く作らなくなりました。そもそも食欲がなく、食への意欲がないことが不安です。脳が面倒くさがっている気がします。

伝えるのがとても難しいのだけど、脳みそ・体のバッテリーの持つ時間が短く、記憶力が弱め、視力がとっても悪い人と思ってもらえるといいのかもです。ちょっと距離あるところから手を振ってもらっても見えていません。お名前もあまり出てきません。それは脳しんとうの後遺症なので、悪しからずです。

でも、考えることや話すこと、書くことはあまり以前と状態としては変わりません。なので話をするとあんまり前と変わらないね、と言われることが多いです。顔も復活してきました。抜糸もしたのでキスもできるようになりました笑。あ、でも口の中はまだ腫れがあり違和感があります。

一段と涙もろくなった、というのも症状としてあります。うつはまだあり、人と話さない日はとても落ち込んだりもします。

とりあえず、体と生活はこんな感じです。
来週9日にまた脳神経外科へ診察してもらいに行く予定です。

↑このページのトップヘ