dencolog

11月頭くらいですかね、Adventcalenderをひとりでやろうと思い立ったのは。
10月に初めて広報の勉強会の先生をやらせていただいて、そこで伝えられなかったこととか、他にも言っておきたいこととかためこんでおくよりは出してすっきりしたいなぁと考えていたのでちょうどいい機会だと思ってやってみました。

1ヶ月猶予はあったものの、書きためてネタを出すというよりはそのタイミングでちょうどいいものを日記的に書いていけたらと思ったので、ストックはなし。
予めタイトルだけは入れておいたけど結局半分くらいしかそのタイトルに近しいものは書かなかったな。
すぐに反応がくるものもあれば時間差のものもあったり、意外な人からSNSで反応があったりととても楽しかったです。たぶん、今後リアルであった時にも「あのブログは…」とネタになると思うので感想を聞くのが楽しみです。

こういう発信をしていると、どこに行っても会話のネタに困らなくなるというか、そもそも最初から相手が切り出してくれたりするのでとてもコミュニケーションが楽になるのがわたしにとっては一番のメリットだと思って書いています。 ※といいつつ、あのブログよかったです〜!と言われること増えてきたのですが、今年でいうとわたしブログをアドベント以外も含めると250本くらい書いているのでどのブログのことを言っているのかわからんですw 先に内容を言ってほしい〜

途中だいぶ煽ったので近隣の広報からは怖がられたりしましたけど、はあちゅう氏がいいこと言ってたんでこちらぜひ読んでください。
生きる力が無さすぎる大人たち 
よく、あれはわたしのこと?俺のこと?とか聞かれたりするけど、それ自分で考えてほしいな、と思ってます。知ったところで変わることは何もない。思い当たってやばいと思うなら直せばいいし、それはそれでいいと思うならそのままでいい。 

今回は会社で続けていたブログをやめてAdventやったので、一部の方からは転職?退職する?まさかの独立?みたいなことを言われましたが、一切そんなこと考えていませんw
たまたまタイミングが重なっただけなのでご心配なくです。
今の仕事がとても楽しいのでがんばります。あ、でもちょっと仕事の幅は広げたいのでプライベートで何かお手伝いできないかな〜とは考えています。何かお力になれそうなことがあればいつでもお声がけください。

ほいでは、今後もつらつらと書いてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

16日の忘年会のところ、飲食店のPR術について書こうと思っていて、けっこう重くなるからそのうち…と思って開けてあります。年明けにでもががっと書きまする。

では、今日はこのへんでさようなら。
http://www.adventar.org/calendars/1864 25日目終わり。 

OGPは先日クリスマスに行ったDDTの試合に出ていた高山選手。いい背中だった。 
C1478202-2B36-40B1-9B1B-A54BB198978C
 

 

今、猛烈に興奮している。
年末にこんなしあわせなことが起きていいのか!というくらいのことが起きそうになっている。

はやく言いたい! まだ言えない。

旅行のことを書いたときもそうだけど、この何かが起こる前のしあわせをちゃんと覚えておきたいなぁ。
いざその時がきたらあっという間に過ぎていってしまうものだから、その前とあとの余韻とまで合わせてぜんぶ堪能しないともったいない。
年末ジャンボも当たるなら連番で前後賞までほしいし。あと3日でわたしも億万長者か。待ち遠しいことがたくさんでしあわせだなぁ。

でも年末ジャンボ、当たってしまったら今のしあわせがこわれるんじゃないかと思って当たることへの不安を隠しきれん。と思って気づいた。わたしは多分宝くじが当たらなくてもまぁしあわせなのだ。

そうか、宝くじは今の生活への満足度を測るいい機会なのかもしれない。

ポジティブすぎるか。

では、今日はこのへんでさようなら。
http://www.adventar.org/calendars/1864 24日目終わり。 あと1日だ〜
 

年末ですね。会社の営業日もあと3日。
ということで、今年トレタを特集、掲載いただいたウェブメディアのまとめをしてみました。

toreta.blog.jp



区切りを自分で作り出すというのはなかなかむずかしいけど、この年の瀬とか○周年とかそういった必ず来る節目のときにはやりやすいのでアクションを起こしてみることをおすすめします。 

先週のサービス提供3周年のときは昨年に引き続きインフォグラフィックで成長を表現。ご利用いただいているお店さまや株主さんからもコメントをいただきました。
ご協力いただく方にはお時間いただきお手間になってしまう話ではありますが、こういうタイミングで直接お客さまや大事な方々と接点を持つことでお話できるのは広報にとってはチャンスです。 自社のサービスに対する感想に加えて期待や要望までお伺いできるので、今後もお付き合いいただけるよう期待に応えなければと発奮することができるとてもいい機会です。もちろんその声は担当者にフィードバック。改善されたらまたご要望いただいた方にお話できる機会が作れるのでとてもいいことだと思います。

toreta.in


私は前職はウェブ八百屋、その前は百貨店だったので、季節ネタに敏感であるのも自分の中でとてもいいスキルだと思っています。暦やその季節の習慣、人の行動パターンなど、小売・流通業界にいるとかなり前から仕込みを始めるので先に考える癖がついているととても仕事がしやすかったりするので、歳時記カレンダーを叩き込むのは広報さんにぜひおすすめしたいもののひとつです。

ーーー

というかね、タイミングをつかまえたときの喜びというよりも、タイミングを逃したときの悔しさのほうが大きいからちゃんとやれるときにやる。絶対やるって決めています。

では、今日はこのへんでさようなら。

 

↑このページのトップヘ