dencolog

こんちゃ。旅が好きで今年は元旦の沖縄から始まり、札幌、名古屋、広島、岐阜、沖縄、長野、道東、宮城とけっこう地方旅に行きました。

旅行をする楽しみというと、現地で何をするかのアクションに気が向きがちですが、わたしが一番楽しいと思えるのは実は計画している最中かもしれません。昔は電車の時刻表が付箋だらけになるくらいの旅とかしていたので、オタク気質が旅にも出てしまうんですな。ははは。
今年はとてもいい旅行ができたのでその計画時に使った方法を一つご紹介したいと思います。

飲食店を調べるのにInstagramを使うというテクが以前に比べて若い世代ではだいぶメジャーになってきました。おじさん世代はまだまだインスタわかんね。という方も多いかもしれません。
投稿してみて、ハッシュタグをつけて反応をみてみるのも楽しいのですが、とてもかんたんなので、検索機能を旅行の計画時に使うのをぜひおすすめします。

今年の10月に北海道の東側、釧路・根室地区を旅行する計画を立てていた際に使ったのは、インスタのハッシュタグ検索です。その地で行くべき観光スポットや飲食店を知りたかったのでそれに関するキーワードを複数検索しました。

釧路では厚岸牡蠣祭りや仙鳳趾、昆布森などの牡蠣が水揚げされる漁港に行くことは決まっていたので計画自体はそんなに難しくなかったのですが、根室地域でどこに行くべきかいまいちネットや本で調べても魅力的に感じられるところが少なく、決め手に欠ける…かつ、広い北海道、地図で見るととても近いけれども実は調べてみると車で2時間かかるわ…なんてことがザラだったので、効率的にまわりたいと思っていました。

まずは #根室 で検索。一応出てくるけどなんかちょっともっさい感じの投稿が多い…。
そこで、同じ根室でもローマ字で検索。#nemuro と入れます。
そうするとどうでしょう、同じ根室とは思えないオシャレな根室がたくさん出てきました。なんてこった。オシャレピーポーはローマ字入力するんか。。わしの知らない文化があるんだなと驚きました。

いくつか行きたいスポットが出てきたので、まずはそこをストック。
そしてそこからはその投稿をしている人が他にどんなところでチェックインしているかを日々毎日チェック。地元で活動しているオシャレな人を何人かベンチマークして、いいところが出てきたらまたストック。この作業を繰り返し、それを全て旅仲間と共有する旅のしおりであるGoogle dogsに記入。

行きたいお店のURLや食べログなども別途検索して入れておきました。

最終的に行きたいスポットがたくさん溜まったので、そこから旅仲間と行きたい・行きたくないをチャットでやりとり。最後は旅の工程を組むメンバーが効率よく回れるように並べ替えて出来上がり。

あるメンバーは夕日がきれいに見える岬を入れていたり、城マニアは根室半島チャシ跡群に行きたいとか、私は超絶オシャンなセレクトショップは絶対とか、北方領土返還を叫ぶならノサップ岬ははずせないね、とか、今年廃駅となってしまった花咲駅を見たり、花咲蟹ラーメンがうまいんだかうまくないんだかわからない不思議な店に入ったり、自分ひとりで決めるのとは違うかなりおもしろい旅ができました。

旅の途中でも今釧路につきました。とか、根室に向かってます。などの投稿を随時入れることでFacebookのコメント欄で根室ならあそこのチャーハンがいいとか、鹿の料理ならあのお母さんがいるお店がいいよとかたくさんアドバイスをもらって、実際にその情報をもとにお店を訪れてみたりしてとても有意義な旅を現地でも作り上げていくことができました。この旅行ほんとによかったから年内にまとめようと思います。

旅はとにかく計画が楽しい。

ぜひ活用してみてください。

では、今日はこのへんでさようなら。

 

きょうは徒然。

あと2週間ちょっとで新年を迎えるタイミング、ということで来年の目標を考えていましたが、うーん、なかなかいいものがないなぁと思っていた矢先、とてもいいものを見つけてこれがいいと思ったので決めました。
※きょうはわたしの弱みの話なので書いていてもとても楽しくない話です。

来年の目標は「怒らない」です。
正確に言うと「怒っているように思われない」ということかもしれません。

自分としてはそんなに怒っていないつもりでも、相手からするとものすごく怒っていて「怖い人」と思われるということがこのブログを書いていたり、いろんな人とお話して言われたりします。悲しい。。でも、まぁ、そりゃそうだよな、と思い当たる節も多々あります。

「処刑」とかブログで書いているのも実はあまりそこまで辛辣には考えていなくて、「ほんともう手間かけんなよ…フッ」 と、この軽いしょうがないなぁもう〜的なニュアンスの 「フッ」がついていることにそんなに仲がいい人でなければ、気づいてもらえなかったりする。
また、メッセンジャーで呼びかけておきながらシーンとなる奴の例を出したりもしましたが、実はそんなのはしょっちゅうなので対処もちゃんとしているのですが、「絶対そういう人のことを私は認めないんだろうな」 と辛辣に思われている方もいる。
人の捉え方というのは自分の想像以上に広く、そして大概はネガティブな方に流れるものなのだなぁと発信してみて改めて思っている次第です。

話はちょっとそれますが、私がおもしろいなぁと思ってよく見るのがFacebookで流れてくるYahooニュースのコメント欄。覚せい剤事件から不倫話、スポーツに政治ネタまで、どういう人のどういう意見が流れ、支持を集めるのか、というのをウォッチするのが楽しいです。
あのコメント欄に書き込むという時点でかなりのバイアスがかかっているのは承知で、でもそのコメントの意外さや信じられなさとかによく笑わされたり、信じ込んでしまったり、自分の気持ちを大きく揺らしてくれるのでそれを楽しんだりしています。(変です、はい。)いろんな人がいるよね。

で、今日の話に戻りますが、はっきり言っておくと、いろいろ言っておきながら私は実はそんなに気にしてません。ぜんぜん怒っていません。ずっと気にしていたら、疲れちゃうので、言ってすっきりしているだけです。すまへん。。他の場面でもそういうこと多々で、思ったらその場ですぐ言って解決したいと思っているので、そのあとはそんな話したっけ?くらいに覚えていなかったりもします。そんななんでも自分の思うようにはいかないということも重々承知してるしな。

誤解されるのは、それもこれも文章の書き方や直接の伝え方なので改善の余地があると思っています。ただし、もう人から「なんか損してるよね」と言われるのには違和感があって、人が求める像に自分をもうはめこむのは性格的にむずかしいな、と思っています。なので、人を不愉快にさせない、気持ちいいコミュニケーションをきちんとする、ちゃんと成果を残す、というレベルでがんばりたいと思う次第なのです。うまく伝わるかな…

ただ、ブログはいいことがたくさんあって、はっきり書いたことで多くの方のFacebookのプロフィール写真が素敵な感じに変わっているな、とか楽しそうな活動を始めたな、ブログ続いてるね、と成果を実感できているので伝えるにはちょっとしたスパイスが必要なんだよな、、というのは改めて思うところでもあり。読んでもらえなければ気持ちは届かないからね。。言いたい放題言ってて気持ちいいわ。とポジティブに捉えてくれる人がたまにいるととてもありがたい。

あくまで、メシマズ広報が仕事できなさそうという持論だって私が勝手に思っているだけで必ずしもメシマズが悪いことではないと思うし、考えの多様性はいかようにも、と思っているのでみなさんのびのびと自由に飯テロしたらいいんじゃないかい。

情報をどう捉えて、どこまで自分ごととして吸収するか、選択する力がためされるものだなぁと書いていてとても思うようになりました。こうやって、書くのはしんどくも楽しくもあります。

では、今日はこのへんでさようなら。




 

今日は献本いただいた「起業の教科書」をご紹介。17日発売なので、今amazonで予約受付中です。

1から起業しはじめる人向けの書籍なので、会社の方針やビジョンの作り方から成長できるチーム作り、ファイナンスの基本なども紹介されています。


その中で、広報についての項目があります。
「PRとプレゼンで認知度を高める」という章では経営戦略に基づいた情報発信について詳細に記載されています。 細かな手順が紹介されていますのでシード期のベンチャーさんにはとても勉強になるかと思います。もっと早くこういうの読みたかったな〜。

わたしもブログでまとめたのでぜひこちらもお読みください!これものすごいアクセスでした!
 

toreta.blog.jp


では、今日はこのへんでさようなら。

↑このページのトップヘ