カテゴリ: ライフスタイル

2018年10月25日からCiftのメンバーと毎日朝ごはんを作ってみんなで食べています。

44806368_2163030063729961_1083197611113971712_n

なぜ始めたのか?
・Ciftメンバーの家族が出産して戻ってきてご飯を作って欲しいと声をあげていたから
・他にもおかずのおすそ分けがあると嬉しいというメンバーがいたから
・Ciftのメンバーとのコミュニケーション量を増やしたかった
・私自身が料理をしたかったから

いいことは?
・毎日様々なCiftメンバーと話せるので楽しい
・プロジェクトが進んだり、課題解決に向けた話ができる
・毎朝6時起きしていてヒマだったからその時間が有効活用できていて嬉しい
・作ったことのない料理にチャレンジできていい
・リクエストがあり、薄味で作っているので、自分の健康にもいい
・少しずつ掃除もしているのでキッチンがきれいになって来た
・外部の方もサクッと来てくれておもしろい話をしてくれるのがうれしい

朝ごはんを食べに来たい外部の方へ
・どうぞでんの知り合いであればどなたでもどうぞ
・8時半頃に食べ始めてだいたい1時間くらいで終わります
・来る予定日の前日にメッセージをでんまで送ってください
・Ciftにメリットあるような、おもしろい人が来たらいいなーと思ってます
・寝坊したので行けませんのメッセージは不要です
・↑そのままゆっくり寝てください
・食べたら片付けにご協力ください
・帰る前にドンブリ(共有お金BOX)にお金を入れて行ってください
・差し入れは基本的に不要。野菜肉魚系はよろこびますが欲しいと言っている訳ではありません。
・気遣い無用。

Ciftについて
http://cift.co/about

Ciftにはこんな人たちがいます
http://cift.co/people

日時
2018年10月25日〜11月5日まで。毎日。
だいたい8時半頃から食べ始めます。
終わる時間?その日次第なので、来るなら8時半頃に来てください。

アクセス
渋谷キャスト アパートメント 13F 
http://shibuyacast-apt.jp/
渋谷キャストに明治通り側からお越しいただき、真ん中のエスカレーターを上がると左手にオフィスエントランス、カフェに続いて最奥にアパートメントのエントランスがあります。

13FのCift入館案内
CAST. APARTMENTエントランスに着きましたら、私までメッセージをください。部屋番号を伝えます。
13Fまで上がったらそのまま住居フロアの真ん中にあるフリースペース隣のキッチンにどうぞ。

引っ越して1ヶ月経ったから感想をば。

恵比寿ガーデンプレイス近くの閑静な住宅街にある古いマンモスマンションから渋谷のキャットストリート入り口、宮下公園向かいの渋谷キャストアパートメントに引っ越した。


1ヶ月経って、どんな感じか振り返ってみて、どんな状態か自分で自分の様子を探ってみようと思う。

そもそもなんで引っ越したんだっけ?
・恵比寿に満足をしていた→満足すると次に行きたくなる性格。
・渋谷キャストのCiftという組織がおもしろいと思ったし、入るチャンスがきた
・コモンスペースなる共有空間がキッチンもあって何かおもしろい企画できそうと思った
・渋谷にはポテンシャルがあると思った

街と施設とコミュニティに分けて振り返り。

1、街
一言で言うと、渋谷という街は住むところではない。
1ヶ月住んでそんな気がしている。どこかに出かけて、リフレッシュして帰ってきても、あの雑踏だ。特に一番利用頻度の高い山手線のホームから駅を抜け出すまでのあの混雑はかなりのストレス。今はフリーランスなので一日に家を拠点として複数回渋谷の駅を利用するのでそれが5回とか6回とかになると、本当にしんどい。銀座線の階段77段ってなんだよ…。湘南新宿ラインもめっちゃ遠いよ…。東急東横線なんか使わないよ…。と路線たくさんあって便利なはずなのに小言が言いたくなっている状態。渋谷のことはわかっていたつもりだけど、通過するのと最寄駅になるのでは話が全然違った。
引っ越して3週間くらい経った頃から頻繁に前に住んでいた恵比寿のことを考えるようになった。思い出しては本当によかったなぁ、全てが輝いていた(言い過ぎ)と余韻に浸っている。人の雰囲気やアパレルのお店に飲食店や駅の混み具合とか美容室、全部ちょうどよかった。何よりb-monsterのK先生がよかった。マルジェラやYAECAの前を毎日ネギ持って歩いたりとか、さ。電車も山手線と湘南新宿ラインと日比谷線があれば、事足りてたんだなぁと。渋谷に順応しようとして頑張っていた初期よりも、少し慣れてきて改めて気づいちゃったパターン。
とはいえ、渋谷でもストレスを感じないコースを見つけたり、東急の地下の魚コーナーが充実しているからそこでの買い物で心満たしたり、何かしらいい方向に持っていけるスポットを探し続けている。そろそろ原宿や青山、表参道あたりにも足を伸ばして街の魅力を発見しよう、そうしよう。涼しくなってくるし、早朝の表参道や代々木公園でもサイクリングしに行ってみるか。K先生のいなくなったb-monster恵比寿に未練はないし、ゴールドジム渋谷で素敵なマッチョでも探すことにしよう。

IMG_1984
渋谷キャストから代々木・新宿方面の眺め。とても気持ちがいいよ。

2、施設
築一年のマンション、しかも前の住人は超潔癖症だったという噂を聞いていて、とにかく綺麗なのがいい。でも前のマンションもリノベ直後の入居だったからきれいで新しいことは自分のハードルが高くて特に感動ポイントではなかった。前の部屋との違いは、風呂か。自動給湯なのでよきところで止めてもうすぐ沸くよって呼んでくれるの、便利だね。あとは憧れの宅配ボックスも本当に便利なもんだね。これでamazonウィッシュリスト、心置きなく使える。風呂も宅配ボックスも時間から解放されることと、失敗体験がなくなることが良いポイントなんだと思う。
コンシェルジュは宅急便を出してくれたり、くらいが便利なだけであとはそんなに必要ない気がしている。座っているより掃除とかしてほしいって思ってるかな。でもなんかあった時に誰かがいる安心感っていうのは今は気づいていないけど、あるのかもなぁ。
あと、ゴミがいつでも捨てられるというのも相当ストレスが減ったかも。曜日と時間を気にすることなく、ゴミがない状態をキープできるって、ものすごく快適。
断捨離にも目覚めたので下着や服、アウトドア用品なんかもだいぶ処分したけど、そういうのもいつでも捨てられるから、とてもやりやすい。どんどんものが減っていっててプロフィールに趣味:断捨離と書き始めそうな勢い。
あと、コモンスペースなるところで仕事をしたりキッチンで友人招いてご飯会したけど、そういう部屋と違うスペースがあるのも活動の幅広がってよかった。家賃は前より高くなったけど、施設の利用料とかコワーキングスペースのレンタル代をかけること考えたら移動の時間なくそういった場を得られているから費用対効果はいい気がしている。立地もいいし。エアロバイクもテラスハウス見ながら毎日乗ってる。おかげでここ1ヶ月でテラハ80話くらい見た。暇か。
家の1階にビアガーデンがあったり、リゴレットがあるのもすごいなぁと。東急ストアにも外に出ないでいけるのも便利。台風の時、とても助かった。1階から自宅の13階までエレベータが直通なのも、かなりいい。ライゾマの映像がいつも流れているのもザ・東京っぽい。
施設に対する満足度はとても高いかも。強いていえば自分都合で前の部屋と同じインテリアにしているから家具を変えたい欲があるけど、それは冬にとっておく。家の前にジャーナルスタンダードの家具屋あるのとか、誘惑すごい、なんなの。

IMG_1151
コモンスペースで仕事したり、打ち合わせしたり、だらだらしたりしてます。

3、コミュニティ
Ciftなる拡張家族をテーマとした組織に入ったけど、正直あまりこの1ヶ月はCiftがどうの、ということはほぼなかった。何度か住人達とご飯したりしたかな、くらいで会議にも出ていないしこれから徐々に、と思っている。住人の別の拠点に遊びに行ったり、何か一緒に仕事をしたり、髪を切ってもらったり、Ciftらしい交流ができたらなと。
この1ヶ月は外の元々の友人達が遊びにきてくれたのが楽しかった。今回の引っ越しは自分としては決断の期間としては短かったけど、かなり投資したチャレンジングなアクションだったからそこらへんの心境なんかを聞いて、またフィードバックくれたり、一緒に先のこと考える時間が持てたのがとても有意義だった。友人でよかったなーと思える瞬間がなんどもあって、引っ越すって得られる要素が多いし、とってもいいもんだと感じた。シェフと食関係の友人たち繋ぐコネクターの役割も引き続きやれそうだし。
PRやコミュニケーションについて考えるでんこラボもスタートするし、人と過ごす、考える、助ける、そこらへんを住居もうまく絡めて深めていけたらおもしろそうと考えてる。ラボやるぞスイッチも引っ越したことで押せたかも。
IMG_5089
この巨大空間を見下ろす眺めもけっこう気に入ってる。ビアガーデンもうすぐ終わっちゃうなー


そんな感じで変化が大きくてだいぶ疲れた1ヶ月、でもまた何か踏み出そうともがいた1ヶ月。ちょうど9月でいくつか終わる仕事があるからまた次の仕事を見つけるか、長期で旅に出るか、色々また考えてる。

とりあえず今は
・無駄なことは徹底的に削ぎ落とす
・成長したい人のために時間を使う
・楽しすぎて仕事と思えないような仕事をする
・お金にならなくても自分が納得できることをする
こんなことがマイテーマ。

旅は久々に海外攻めるか迷っていて
・セブ、ハワイで語学留学1ヶ月
・アフリカ、中東を10日くらい
・ヨーロッパ、北欧ぐるっと3週間
とかとか、どうしようかね。。全然まとまらないけど、考える時間もまた楽しい。

仕事も遊びも旅でもなんでも、何かあればご連絡ください〜。
https://www.facebook.com/michiko.den

あ、仕事は超単発の仕事とかないですかね、1ヶ月限定とか、そういうのあったらやりたいなー。
ほいじゃね〜。

あえて8月の日曜日、世間は夏をエンジョーイ真っ最中の昼間に投稿します。

でんこラボなるPRコミュニケーションコミュニティを始めます。

まずはお試しででんこラボで何をするか考えるでんこラボのラボからスタート。
ニーズがあるか、こんなコミュニティがあったらこういうことがしたいと思うんだワというお声を聞きたいと思っています。

でんこラボは主に広報やコミュニティマネージメント等の仕事に関わるみなさんが、自分の軸を見つけ、自身の成長を促す為に活用できる、心理的安全性の担保された「あんしんできるコミュニティ」にしたいと考えています。

仕事をする上で、自身の成長を促す環境が万全な会社や上司が整っていることは稀で、また成長するためには自分自身が意識し、行動することが何よりも大事です。
いくらやる気があって頑張っていても成果が出なかったり、成果が出ていても評価されなかったり、何だか空回ってしまうことがあることもあるでしょう。

私自身も社会人になってからずっと「成果は出ているけど、もったいないんだよねぇ…」と会社の評価面談で言われ続けてきました。今思えば、不器用でやり方が下手くそすぎたのです。。
でもそれを変える”きっかけ”を得たことで自分の軸ができて、仕事や仲間、そして自分自身への向き合い方が大きく変わりました。

今は、好きなこと、やりたいこと、達成したいこと、なりたい自分になること、それらに向かってまっすぐ進むことができています。迷いとか悩みとかで立ち尽くすことがない状況です。

仕事のスタイルを変えてみて、うまくいったこともありますが、いかなかったこともある、でもそんな時も知見のある友人知人達に、自分自身の状況を素直に表現することで助言を得て、軌道修正したり、再度奮い立たせることができたりもしました。

近い距離で信頼のおける人たちに囲まれた、とてもいい環境があるからこそ広がる世界があることを知りました。

そこから自分自身の経験をもとに、周囲で成長したかったり何かアクションを起こしたいけど迷っている人たちに”きっかけ”を作ったところ、成果を上げられたり評価されたり、仕事を楽しむ姿を見ることができるようになってきました。今回のコミュニティもそんな場にしたいのです。

今、私がしたいことは”成長したい誰かを応援すること”、そしてその”きっかけづくり”です。
それも、ひとりじゃなくて、みんなで応援しあいながら一緒に成長したいです。
ナレッジ共有はガンガンしていきますが、全て私が教えるわけでも、私の仕事を手伝ってもらうわけでもありません。
基本的にはFBのグループ内でオンラインコミュニケーションを図りながら、ちょこちょこリアルのごはん会や交流会を開催し、そこで互いのことを理解し、成長するために何ができるかを話したいと思っています。(←ごはん会と書いているのは私が料理する口実が欲しいからですw)

まずは今月はラボを始めるためのラボを開設。そのうち飲み会一回ぶんくらいの会費をいただきながらゲストを呼んでコミュニケーションや仕事術、人脈づくりを学ぶ機会も増やしたいと思います。成長したいマインド強めのアウトプットしたい人同士が集まると、どんなことができるのか、ちょっとワクワクもしています。そんな大人数じゃなくて、まずはこじんまりとかな。

まだまだ言語化しきれていないのですが、興味がある方は、ぜひコメント・メッセください。
https://www.facebook.com/michiko.den

#コミュニケーション #伝える #好きを仕事に #楽しく生きる #自分の軸探し #メタ認知 #PR #パブリックリレーション #働き方改革じゃなくて生き方改革かな 

※ご遠慮ください→アウトプットしない方、嘘をつく方、プライド高い方

会社辞めてフリーランスとかいうゆるふわな、人によってはちょっとちゃらんぽらんと感じる、はたまた最近ちょっと流行りのアレでしょと思う人もたまにいる、そんなポジションで生活を始めて2ヶ月が経ちました。

あまりにあっという間で、ちょっと色々あった出来事でもまとめておこうかなと。こんな感じでした〜はじまりはじまり〜(今回も案の定長いです。)

[3月] 2月末に退職の発表をしたので、退職日の3月末まではほぼ丸々有給もらって五島列島に旅に出たり営業活動してました。ちょっと会おうよとか、お仕事のご相談で呼ばれて行ったりとか、こちらからお礼参りしたりとか。(一応こっちでも書いている。)
1日3アポくらいだったので約1ヶ月で60箇所くらいは行ったみたい。夜は激励会的なものもやってもらったりして結構な数の人に会いまくっていたようです。本当にめまぐるしい日々だった…。肝臓まじ頑張った。
サラリーマン広報の時は、昼間は会社で毎日外の人たちと常に30人くらいとチャットばかりしていたので(それもどうなんだ)、久々に昼に外に出まくる生活は新鮮でおもしろかったなぁ。とはいえ、お仕事案件だと思って出向いたらただのおしゃべりで終わってしまって無駄な時間になったり、タダ働きさせられそうになったり、スキルの搾取されまくったり、依頼された内容が全然マッチしなかったり、互いの意向をマッチングさせる難しさも経験。相手に悪意がないからこそ傷ついたりもしました。これもやってみないとわからないことだったので早めにわかってよかったかもと今は思っています。

[4月] 3月に来た案件が本格稼働。すぐに波に乗れた仕事がいくつかあったのでとてもよかった。ここでつまづいていたらけっこう焦ったりするんだろうなぁ。私の場合は、まぁ多分食いっぱぐれることはないかなーくらいの、いわばほぼ無計画でのフリーランス化で、今思うと割とリスキー。でも、そんなによぉおおおし!働くぞーぉおお!!!とかいうテンションでもなかったからまぁそれもよかったのかもしれない。仕事がなかったら多分宮古島のゲストハウスでヘルパーでもやりに行っていたような。
IMG_4143 2
ちょこちょこ新しい仕事が始まったりした中で、ReluxさんのReluxアンバサダーで熱海旅行に行ったりもしました。平日の昼からビール飲んで温泉入ってって、あぁサラリーマン辞めた感あるわ〜なんて、開放感全開で幸せの絶頂を感じて東京に戻って来たら、その1週間後にはアニサキスで死んだ。笑
急遽手術しますということで病院で初めての全身麻酔をされて、ある意味あの体験も幸せの絶頂だったかもしれない。。や、なんでかって、あの麻酔から一度醒めてもう一度ふにゃぁぁと寝入る心地よさ、ちょっと今まで体験したことがない快感で忘れられない。アニサキスにあたって本当によかったと思っています。なんだそれw

そんなこんなしてたらけっこうあっという間に日々が過ぎて行きました。
複数案件持つと、自分で手を動かす系の仕事はまとまった時間が取れないと滞ってしまったり、なるべくリモートで片付けようとした案件は自分の熱量が下がってしまったり、やっぱり直接会って話すってその仕事の熱量を高めるのに必要なことなんだなぁと実感。チームでがっつりやるべき案件は今の私の生活スタイルだとハマらないし、自分自身も求めていないことがわかりました。とはいえクリアしなければいけない課題だからなんとかしよう、そうしよう。

ブログでフリーになったことを書いていたら、広報女神の田尻さんからVoicyでフリーランス広報ってどうなんさ?という話しませんかという話がきて出演してみました。自分の声を聞くことってこれまでなかったので楽しかった。

あ、誕生日もたくさんプレゼントもらって楽しかったなー。ありがたい話やで。
IMG_3003
[5月] ゴールデンウィークは山梨の友人宅でタラタラ遊んだり、中旬には軽井沢で別荘地ツアーして温泉入ってビール飲んだり、月末には大阪京都で遊んで甲子園で野球見て阪神ファンと仲良くなったりと割と毎週地方で遊んでいました。もう仕事と遊びの境がない生活が楽し過ぎて、会う人会う人みんな「なんか楽しそうにやってんね」と声をかけられる感じに。なんか楽しそうだから話聞かせてよのお誘いも増えて来ました。

仕事はFOODITというカンファレンスのスポンサー集めを集中的にやっていて久々の営業活動。これがまぁ楽しい楽しい。やってみて思ったけど、数字が積み上がるのが快感でなんでこんなに快感なんだ?と思ったら広報では数字を積み上げるとかがなかなかできないのでそれが実は自分の中で一つのフラストレーションになっていたんだなぁと。なので、広報でフラストレーションたまっている人はたまに営業をやるといいんじゃねと思いました。他のクライアントの仕事でも紹介代理業やっていますが、こっちも獲得できるとめっちゃ嬉しい。しかもそれはこれまでの人脈を活かせるものだったので、これも私だからできる仕事ということで自分の中での納得感も高い。めちゃめちゃ時間割いている感じじゃないけど、人と繋がっていたことが誰かの役に立てるというのはとてもやりがいを感じるポイントと気づけました。
あぁ、ほんと営業って楽しいなぁ。。好きだなぁ。。

CAMPFIREの仕事でフィッシャーマンジャパンをゲストにクラウドファンディングについて語る会もうまくいってよかった。夢がちょっとずつ叶えられる喜び、噛み締めた。

あとはよく行く家の近所の飲み屋がバイトが足りないということで手伝いに入ったのも楽しかった。昔、居酒屋でバイトしていた時はただの作業的な感じであまり面白くなかったけど、飲食の中の人たちのことを知っている今働いてみると、全然違う。お客の立場も経験しているからどういうことが求められて喜ばれるのかを考えながら仕事するとクオリティが全然変わってくるなと。とはいえ、飲食の現場ってやっぱり大変だということも実感。いつも美味しくて素敵な空間を用意してくれる飲食の方々へのリスペクトがさらに高まるいい体験でした。

5月に入って急に増えた案件は取材や講演依頼。これはびっくりした。BuzzFeedでLINEpayの広告企画でプロ幹事として出たり、某メディアからは某会社の取り組みについてコメント欲しいとか。母校で広報について講演して欲しい、女子大でキャリアについて語って欲しい、地方の若者向けに東京で働くことについて話して欲しい、フリーランス広報について対談して欲しい、などが立て続けに来て、お話案件フィーバーが急に来た。ちょうど人前で話す仕事もチャレンジしてみたいなーと心の中でつぶやいていた時だったので、テレパシーって伝わるんだ〜わわわ〜と一人で騒いでました。というわけで、6月はお話仕事が多く予定されています。

あと、あの人と会ったらいいよと紹介をめっちゃしてくれる人がたくさん現れるようになったw 多分今の自分に共感してくれているからなのかな、と思うのだけど、その紹介先の人がずっと会ってみたかったり明らかにめっちゃ合うわ…!な人たちばかりで毎日ヒャッホーヒャッホー言っています。これは本当にありがたい。そこからまたお仕事につながったりもしているのも、大変よき。です。ニックさんとかまじ感謝してる。

4、5月は様子見で、いただいた案件はほとんどお断りしてしまったのだけど、6月以降はもうちょっと増やしてみたいなと思っていて、2社くらい新たに始められたらと思っています。一つは過去にやれなかったことがリベンジできる仕事でもう一つは自分の未来を一緒に築いて行くことができそうなクライアントさん。どちらも自分のことをよくわかっていてくれたり、尊敬している方からの紹介なのでいい具合に進められたらいいなと思っていてどういうスタイルでやって行くか今検討中です。
IMG_3773

うーん、あと何していたかなー、もう毎日がエキサイティングすぎてすぐ忘れちゃう。細かに書き記しておきたい。どんどん自分の考えが前に前に行っちゃうから、たまに立ち止まって振り返った時に何か形で残しておかないと前のめりな発想でしか進めない人になってしまいそうで怖いから。

あ、思い出した。今までやらなかったこと全部やったろうと思ってピアスの穴開けたり、永久脱毛したり、洋服やカバンや靴買いまくったり、化粧品threeで揃えてみたり、3年住んでる部屋で初めて模様替えしたり、ご飯をストウブで炊飯するようになった。些細なことだけどずっと気になってたしこりがとれた感あって爽快。来月はペーパードライバーを卒業する予定です。

そうだ、昨日初めて税務署なるところに行ったのです。開業届と青色申告用のなんちゃら届けを出して来たのだけど、とても緊張した割にあっさり終わったし、受付のお姉さんやさしかった。
ホッとしたので、帰りにニトリで新しいフライパン買ったんだ。

そんな感じっす。
ちなみに明日から長崎の壱岐島に行って来ます〜。釣りするんだ〜。楽しみ〜。


フリーになることが決まって最初にお手伝いすることになったのがCAMPFIREさんでした。
CAMPFIREはクラウドファンディングを中心としてゆるやかなお金の流れを作ることを目的とした事業をしている会社さんです。
ずっとIT企業で働きながらも、実は情弱だった私、このあとやる仕事も仮想通貨等の金融系やAI,IOT関係はなんとなくやめておこうと思っていました。でも、人のつながりをお金で作り出すことができるCAMPFIREの理念や家入さんの考えにはとても共感していたので、自然な流れでお仕事を請け負うことになりました。
IMG_6940

週に一度オフィスに伺う中で、食のプロジェクトを増やしたいということでイベントを開催することに。過去の事例の中から成功しているものを紹介しましょうかという流れでポンと出てきたのはフィッシャーマンジャパンの魚谷屋さんのプロジェクトでした。
スクリーンショット 2018-05-17 20.27.13

フィッシャーマンジャパンは2014年に発足して、その時は私はまだOisixにいた時代。ちょうど東の食の会がフィッシャーマンと一緒にイベントしたりなどの流れで繋がりはあったものの直接的にお仕事をするまではいたらず、いちファンとして支援するくらいでした。
その後トレタに転職して、フィッシャーマンが中野に飲食店を出すということで理事の津田くん(大学の後輩でバイト仲間だった)からトレタを使いたいということでやっとお仕事っぽい形で関われるように。でも私ができたのは営業に繋いで、オープンの時にブログ書いたくらい、、かな。

で、フリーになるとなった時に一番にやりたい仕事として思いついたのは海とか魚介とかなんかそういう分野に関わる仕事だったんですよね。
有給期間中に五島列島で釣りしながら仕事しながら、みたいな時間を過ごしていた時に、五島の漁師と飲んでいた夜、ジモコロの柿次郎くんからメッセが。「なんかフィッシャーマンと話をしていたらでんちゃんの話が出てきたんだよー」と。え?こっちも漁師にフィッシャーマンの話をまさに今していたところだよ!!なんて偶然が重なったりもしていました。

話を戻すと、CAMPFIREでイベントをしましょうとなった時に、「あ、今かも。」と自分の中でピピンときました。やっとフィッシャーマンと魚谷屋さんと何かできる。何か返すことができそう。そんな気持ちでした。自分の中でもフィッシャーマンたちの活躍から勇気を得ていて、そんな気持ちが何かを返したいという衝動に繋がっていたのかもしれません。

オファーをしたところ、これまで登壇経験のなかった魚谷さんが、「実はちょうどこういう機会を増やしたいと思っていたところだったからとてもありがたい。」と返してくださったのもびっくりだし、ハセタクさんも私と何かできることを喜んでくれたのもうれしかった。
32536963_10216199477681475_2514868656509288448_o

というわけで、裏方としてイベント設計をと思っていたら、CAMPFIREの食担当のみなさんから「でんさんがモデレートしたらいいんじゃないですかね」と。
いやいや、私はあくまで裏方っすよ、と思っていたけど、考えてみたらこれまでのフィッシャーマンの活動ほとんどウォチしてきたし、なんなら石巻で漁船にも乗ったくらいだわw ということで、出ることにしました。
IMG_3660
実はイベントプロデュースはたくさんしてきたけど、モデレータとして何かをしたことはなかったな…というのを登壇している最中に気づいたんだけど(遅いw)、話していたら実は知らない彼らの努力がたくさんで、魅力もやっぱりたんまりあって、あぁ、この人たちのこと、やっぱりどうにも好きなんだなぁと。改めて、惚れてるんだなぁと。思いました。
32381085_10216199476561447_7656301881165086720_o

イベントは30名定員があっという間に満席になったので50名まで増席しました。無料イベントだったので歩留まりもとても心配でしたが、蓋を開けてみたら8割近い参加率でとても高くて。
アンケートの満足度も5点満点の4.7と驚異的な数字で、これ10点満点じゃないよね?と聞いたほどで、お客さんも満足してくださったようで本当によかった。(もちろん、初めてのことでとても下手くそなところもあったのでそれは次回改善していきたいと思っています。)

何より、ハセタクさんと魚谷さんが楽しんでくださっていた様子がうれしかったし、CAMPFIREのみなさんも嬉しそうにしているのがホッとしたというか、貢献できたと思っていいのかな、という感じでフリーランスになって初めての充実の時間だったかもしれません。
元同僚のトレタの営業がお客さん連れて来てくれたり、私の仲良しの飲食店さんも何名か来てくれて、しかも実際にプロジェクトをすることになったり、なんていう流れも含め想定以上の温度感でいい時間となりました。
CAMPFIREの食の担当以外のスタッフの方々も何名もきてくださっていてお話できたのも、実は結構うれしかった。みんなとても話しやすくて感じのいい人ばかりだし、最後の撤収の荷物もオフィスまで運んでくれたりとても協力的で、あ、いい会社なんだな〜と改めて思いました。

フリーランスでどういう形の仕事ができたら満足なんだろう?って自問していたけど、こういう風につながりのあった人たちの魅力をリアルに伝えられる機会を作り出せるってのがなんとなく自分の中での満足度高いポイントなんだと気づくことができましたし、夢を叶えながら仕事ができるって本当に理想だけど、理想で終わらせずに実行できちゃうことなんだなと。

まだ関わって2ヶ月ちょいだけど、まずは一つ形が作れたのでまた来月以降も頑張りたいと思います。
来月はこれまた五反田時代にお世話になったノオトの宮脇さんをゲストに招いたクラウドファンディングの新しい支援の形をお話いただくイベントを開催です。
CAMPFIRE CAMP 略して「きゃんきゃん」、ぜひ来てくださいね。
32377775_10216199476361442_2734069463581196288_o
フィッシャーマンジャパンのハセタクさんと魚谷さん、そしてCAMPFIREのガモちゃん。
また一つ夢を叶えられてうれしいよ。ありがとう!



↑このページのトップヘ