カテゴリ:

というわけで、もうかなり施設を回っただけでも大満足なんだけども、お楽しみはまだまだありまして。大事なご飯タイムです。

いただくスペースは個室になっていて厨房も目の前でオープンスペース。とっても広くて料理人さんの作業も全部みることができるようになっています。
IMG_5023
目の前でお肉焼き焼きスタートです。
IMG_3313
肉料理のフルコースですが、まずは春の食材から。桜海老と菜の花のお浸しをはじめとした前菜のプレートがもう楽しくて。
IMG_3316
お吸い物をいただき、怒涛のお肉祭りがスタート!豚スペアリブの炭火焼に辛くないプチプチの蜂蜜辛子をつけていただきます。
IMG_3322
地元の野菜と穴子のサラダ、この味付けどうなっているの…私の中での穴子史上、最高だった…
IMG_3323
ビールもせっかくなので熱海ビールいただいてみたり。
IMG_3325
阿波尾鶏の炭火焼もまた絶品。。。
IMG_3467
厚切りの牛タンだってしっとり、お口でとろけるうまさ…ホロホロですわ…
IMG_5895
青木シェフがスタートの時から大事に大事に焼いてくれた黒毛和牛フィレもこのツヤ…長く焼くことによってこの美味しさが出るんだよと。ぐぬぬぬ…悶絶…!!!
IMG_0579
もう、出てくるどれもが美味すぎて、最後のすき焼き丼の時にはこんな感じw 美味すぎて辛い…w
IMG_8607
最後はデザートもいただいてお腹いっぱい。オーナーの大前研一氏特製のoh mae God 芋焼酎も美味しかった!
お部屋に戻ってきたら満腹すぎて、もう動けん…こんな感じになりました。。。
IMG_0016

というわけで、夜に行きたいわ〜と言っていたBarも屋上も行かず、お部屋でゴロゴロ。お風呂にも入ってそのままスヤァzzzzz…の幸せな夜でした。


で、朝です。5時半頃に朝の光で自然と目覚めるとそこには天国が。目の前には、朝日が海に輝いて太陽の道ができていました。
IMG_2863 2
静けさだけがそこにはあって、ただただ穏やかに揺れる海。しばらくボォーっと眺めていました。


またちょっと二度寝して、また起きてお風呂はいって、上がったらまたボォーっと。
IMG_2252 2

体を"無"の状態にして、またいい空気を体の中に取り入れたような、そんな循環の時間。至福のときでした。
朝ごはんはゆっくり10時から。また目の前で作っていただきます。
IMG_8608
オムレツとフワッフワのパン食べて、お腹いっぱい。
IMG_8472
支度の準備をして、11時にチェックアウト。
あぁ〜、最高すぎて帰りたくない。2泊する妄想をし始めました。
せかいえのみなさま、本当にありがとうございました。秋に再訪決定!!!
最後は支配人の堤さんとパシャ!
IMG_5114 2

さて、ここからMOA美術館へ。せかいえさんの送迎車で送っていただきました。
ちなみに、MOAはエムオーエーと読むそうです。モアじゃないんだって。熱海行くと言ったらみんなから激プッシュされたスポットです。
どんなとこなんだろ?と思っていたら、、
ん、
IMG_4988
ん、、、
IMG_6534
んんんんんん????
IMG_8381
なんなんだここは… ひたすらエスカレーターで上がりまくってやっと地上へ。
IMG_4256
眼下にはすごい景色。せかいえからもすごかったけど、高台にあるこちらはまた広がりがすごい。
IMG_5691
展示も北斎と広重展が開催されていて内容もよかったし、何よりゆったり鑑賞できたのもよかった。東京の美術館は混んでるしねぇ。杉本博司さんのモノクロの海がボワっとした写真作品も、海と向き合った二日間の時間を経て見ると、ものすごく体に染み込んでくる感覚。
あぁ、杉本さんの作品って場所の力でこうも違って入ってくるものなのか、、と感動しました。
他にも日本庭園のあるスペースなども素晴らしくて、みんながMOA美術館をおすすめした理由がわかりました。とてもよかったー!
IMG_7228

この後は、そういえば魚介をあまり食べてないかも…ということで、お寿司屋さんへ。
IMG_4404
地元の魚介を満喫して、最後はのんびりしましょうということで純喫茶のボンネットさんへ。充電切れてしまい店内の撮影叶わずでしたが、とてもレトロで雰囲気のある素敵な喫茶店でしたヨー。
IMG_8661

危うくまたゲーセンで遊びそうに、はならず、駅まで散歩して。
電車まで時間があったので熱海駅前の足湯に浸かって、体ホカホカに。

気持ちいいまま、またスーパービュー踊り子号へ乗り込みます。
IMG_1015


出会った人や見た景色、食べたものとその時間たち、全てが心地よくて、最高の時間になりました。
IMG_4143 2
上質な時間を過ごすと、こんなにも気持ちが満たされるんだね。
本当にしあわせ。
シンプルな言葉にしかならないや。

新しい生活が始まるけど、なんか頑張れそうです。
とてもいい時間をくれたReluxさんとATAMI せかいえさんに感謝です。

またいい旅しよ〜

それでは。ちゃおー

-----------------
Relux   https://rlx.jp/
ATAMI せかいえ https://rlx.jp/21042
-----------------
振り返りはこちらから
〜Reluxで予約編〜
〜熱海満喫編〜
〜ATAMI せかいえの施設編〜

いよいよ、念願の極上宿 ATAMIせかいえさんへ。
あぁ緊張。ドキドキ…
旅は毎月のようにしていますが、普段は割とカジュアルな旅ばかりで、ゲストハウスなんかの安宿に泊まったりということが多いので、こんな一泊4万円もするような宿には泊まって来なかったんですよね。
なんというか、安い旅行がしたいというよりは、安いところでいいじゃんという感じで、高いところに泊まる価値についてしっかり考える機会がなかったというのが実際のところでして。

なので、今回泊まることで新たな価値観が自分の中に生まれたらおもしろいな!と思っているので期待大でいざ、せかいえ。
IMG_0514

ついた。わ、もうやばい。。。。ロビーからの景色で瞬殺やないか…。もうめまいがしてきたぞ…。
IMG_5619
と、思ったら、チェックインのお手配しますのでこちらどうぞ〜とソファ席へご案内されました。な、、、奥に飾ってある絵、知ってる。。もしかして…あの片岡球子センセーの絵!!!!????生で初めてみた。
IMG_1034
高級旅館となると、そうか、こういう調度品も楽しめるようになってるんだなぁ。と、全く落ち着かないわし。キョロキョロしているとそばにBarが。あ、夜にちょっとウィスキーとか飲みにきたいワー。
IMG_7563
そうこうしている間に、チェックインのお手続き終わってお部屋にご案内しますね〜と仲居さんがきてくれました。ちょっと安心する感じのやさしそうな方。
今日宿泊するのは月の道という別館とのことでいざ、移動。移動するだけでソワソワ…
IMG_4646
途中、雑貨販売コーナーなども。とてもおしゃれなグッズがたくさんあったのでここでちょこっとお土産買うのとかも良さそうです。
IMG_2331
にしても、とにかく豪華な絵や壺がたくさんあるのです。ありすぎてとても紹介できないのでぜひ泊まってみていただきたい。美術館やれるんじゃなかろうかと思うくらいです。

さて、お部屋につきました。と、何かランプがついている、、これって?
IMG_3460
ヒェー!これってあのよくホテルであるドンディスカードの代わりってこと!?シャレてる…。
室内でスイッチを入れると廊下側のランプが点灯するようになっているのです。
IMG_7421
と、入る前から驚かされましたがお部屋もすごい。広々3シーターくらいあるソファからも海を眺められます。
IMG_6634
ベッドもシモンズ社の特製ベッド!疲れが取れるというアレですな。
IMG_9746
洗面所も二人同時に使っても全然OKな広さ。
IMG_4676
外には露天風呂。せかいえは全室オーシャンビューの露天風呂付きです。
IMG_2486
風呂上がりにゴロゴロできるトコ。
IMG_1246
と、ここまでは宿泊サイトなどでも掲載されているところ。細かいとこも見ていきましょー!
入り口入ったところにあるこのボックス、爪切りください〜などと宿の方にお願いした時、ここに廊下側から入れておいてくれるのだとか。そうするとお風呂に入っていたりしても慌てて出る必要もなくてとっても便利。配慮がすごいですね〜。
IMG_9029
ドリンクも充実です。お部屋の冷蔵庫でオレンジジュース飲みましたとかチェックアウト時に申告しなくてもOK!なぜなら全部フリードリンクだから!アサヒのプレミアムビールとかあるよ!すごい。グラスも冷えてるし…。こういうの、待ってた。。
IMG_4979
ワイン用のグラスもバッチリです。
IMG_3144

あとは部屋着もいい感じ。着たところはちょっと恥ずかしいので出すのははばかられますが、作務衣が浴衣とは別に用意されています。館内も作務衣で歩いていいということで、これがもう楽チンで。お風呂に入ったあととか、これ着てダラーンとするのに最高。足袋もとても履きやすくて、私は特にこの作務衣サービスがうれしかったなー。
IMG_5029
あと、アメニティは松山油脂のLEAF&BOTANICSのものが置かれていました。化粧水などはSYSLEYのセットがあったけど、他にも4ブランドくらい用意しているから気軽に言ってね!的なメッセージも。すごい、手厚い…手厚すぎる…!
IMG_4268
あと、これもめちゃめちゃよかった。お部屋の香り。CULTIのAramara。もう帰ったら絶対に買うとすぐ心に決めたくらい、いい香り。さっき通ったショップでも販売してました!
IMG_3828

何気にトイレットペーパーがオシャ折りになってるところとかも、はうーん、、、いい。
IMG_5660

と、もう部屋探索だけで多分20分くらい楽しめましたw
連れの友人はもうすでにくつろぎタイム開始で、風呂に入り始めています!はやっ!

私は気になっていた屋上へ。これかー!!!!Reluxのトップページでも使用されている写真と全く一緒!すごいー!
IMG_9211
友達と来てウェイウェイできるソファも!
IMG_1072 2
結構広いスペースだったので、何組か他にお客さんがいても気にならないくらい。夜に月を見ながらここでまったりするのもいいなぁ〜。

IMG_2124 2
と、ここで支配人の堤さん登場です。
今回はReluxアンバサダーということでお伺いしているので特別に支配人にせかいえさんのことを色々とお伺いしてまいりました。

堤さんは有名ホテルや飲食店を渡り歩いて来たサービス業界のプロ。そんな堤さんは「せかいえを日本一の宿にしたいと思っています」と語ります。

支配人「記念日などで来られるお客様が多く、プレッシャーはありますがでもそれがやりがいになっています。ご満足いただくことにコミットメントすることを大事にしたいと思っておりますので、私自身がお客様と直接つながることを大切に、ロビーでお出迎えすることをはじめとして接点を多く作るようにしております。

また、私たちが目指しているのはお客様にはリラックスしに来ていただくのはもちろんですが、今回の宿泊でまた来月からの1ヶ月を充実した日々として送っていただくことなのです。疲れをとる、そして次につながるエネルギーを作り出してもらうことが我々にできることのではないかと考えております。」

あー、とてもいいなぁ。そう、私も疲れを取りに来たのはもちろんだけど、新たな一歩を踏み出すのにエネルギーチャージしに来た、そっちの方が近いかも!
そうそう、せかいえさんはお部屋の設えもとてもおしゃれでいいですよね。

「実は、スタイリッシュになればなるほど使い方がわからなかったりするのです。なので、月に何度も宿泊して自分たちでその使い心地など体感するようにしています。スタッフも泊まります。そうしているのはお客様からの声が発端だったのです。お客様からの質問に対してスタッフが自分たちが体験していないからわからないと答えてしまったことが過去にありました。それを聞いた時にそれではいけないなと。そこからきちんとスタッフが泊まって感じたことを元に改善を重ねるようにしています。お風呂から見える景色も実際にスタッフが入ることで、植栽が伸びていることに気づき手入れをして改善したり、なんてこともありました。私もドライヤーをはじめとした家電などの使い心地も必ず試すようにしていますよ。」

きちんとお客様の目線に立って、サービス提供しようとする熱意あるスタッフのみなさんがいるから、せかいえさんの世界が出来上がっているのですね。素晴らしいなぁ。
そして何より、支配人、激アツマン!!!かっこよかったです。

と、ここで支配人からちょっと他の部屋も見てみませんか?とお誘いが。はにゃ?どこに行くんじゃろ?と思っていたら、なんと、一番いいお部屋のペントハウス月の道へ。
ものすごい広さでちょっと私のiPhoneじゃ全然伝わらないと思うけど、ゆったり感がすごい。

IMG_7115
ダイニングコーナーもあれば、って、あれ、後ろにある絵、東山魁夷なんじゃないの…
IMG_0937
まさかの、お部屋で料理人さんに調理していただけるコーナーがある…マジか…
IMG_8013
ほんの少しの間でしたが、ペントハウスを堪能。すごい、こんな世界もあるんだなぁ。サクッと泊まりに来れるような人に私もなりたい。。
IMG_2800

というわけで、施設編だいぶ長くなっちゃいましたが、ここで終わり。
続いては、豪華ごちそう編ですぞ!

〜ATAMI せかいえのご飯&MOA美術館編〜

振り返りはこちらから
〜Reluxで予約編〜
〜熱海満喫編〜

-----------------
Relux  https://rlx.jp/
ATAMI せかいえ https://rlx.jp/21042

-----------------

というわけで、予約編を経て数週間、待ちに待ったこの日がやってきました…!
昔から遠足の前日は眠れないタイプ。今回は…寝れた!と思ったら、楽しみすぎてとても朝早くに目が覚めてしまいましたw
お布団の中で目、ランランですw

今回の旅の友は、ずっと自分を支えてきてくれた人でもあるので、その人への感謝の気持ちも表せる旅になったらいいなー!と思っていました。
出発は東京駅から。熱海まではスーパービュー踊り子で行きます。
IMG_4666

今回はせっかくなので、グリーン車にアップグレードしてみました。
IMG_0387
IMG_6311
おおおー!足元が広い!
平日だけどグリーン車は満席。普通車は…逆にガラガラでしたw 

では、午前中ですが早速よなよなエールをプシュッと!あー、サラリーマンやめた感がすごい。
IMG_7038
スーパービュー踊り子のグリーン車の前方にはなんと、サロンなるスペースがあるのです。ということで、そちらに移動して景色を眺めながら2本目。ロゼワイン飲んじゃってますw このスペースには売店も併設されているのですぐに買い足すことも可能。天国かよ。
IMG_2551
そんなこんなしていたらあっという間に熱海についちゃった。1時間ちょっと。早すぎる。もっと乗っていたい〜。あと、熱海までだとあまり海沿いを走らないのでスーパービューにする必要あんまりないかもとか気付いちゃったけど、まぁ気分がとても盛り上がるのでヨシです。

熱海駅前は観光客でとても賑わっていました!この日は4月だけど夏の陽気で半袖でも暑いくらい。サイコー!普段強烈な雨女なので超うれしい。鼻の下伸びた。
IMG_0558 2

今回の旅、旅程はどうしようかなーと困っていたのでFacebookなる現代ツールを使って友達のみなさんにどこがおすすめかを聞いてみました。やー、現代ツールはすごい。いや、熱海に行ったことのある友人らの熱量がすごいのか。ものすごいおすすめがたくさん来たので、そこに書かれているところを巡ることにしました。
ちなみに気になる方はこちらからどうぞ。保存版や!
Reluxアンバサダーの旅 熱海編 スケジュール
11:00 東京駅出発 スーパービュー踊り子で〜
    車内でビール(もちろんyonayona!)ぷしゅ!
12:17 熱海駅到着 熱海駅前から西へ徒歩で向かう
12:30 ゴウくんオススメの桜海老蒲鉾をほどほどに食べる
12:45 志立さんオススメの三松鮨 or 中庭さんオススメの蕎麦屋 利休庵で一杯
14:00 三田さんオススメの LaDOPPIETTAでジェラートを食べる
14:20 奥野さんオススメの起雲閣でタラタラする
15:15 山原さん島村さんオススメの来宮神社で神頼みする
16:00 せかいえチェックイン 風呂入る 海眺める
18:00 夕食 タラタラ
ちなみに、どうやって決めたかというと、ひたすらおすすめされた店をGoogleMapで検索し、お気に入りに入れる。すると★がつくので、その近いところ同士を点で結んで効率的に回れそうなところ、且つ自分の食指が動いたところに狙いを定めて…といったところでしょうか。
一応決めておいて、他に楽しそうなところがあれば随時スケジュール変えちゃうというのが私の旅のスタンスなんだけど、ここまで決める人って女性ではあんまりいないらしいね。旅の友からは「男だな」と言われました。。

早速駅を出て商店街を歩きます。まずはおすすめの熱海グルメ蒲鉾工房 山田屋水産のかまぼこ。
IMG_2564
エビがたっぷりで、食感がほわっほわ!でめっちゃ美味しい!
IMG_1165
そのあとは、蕎麦か寿司で迷って、蕎麦屋で一杯!利休庵さんを選択。静岡県の地酒をいただきます。
IMG_1687
IMG_0051

ちょうど時期の生しらすもいただいて、満足したので店を出ると、向かいに高級?帽子屋さんが。
店のマスターが陽気な方で盛り上がったので、お金14億円買ってみましたw

IMG_8149
すごい金持ちになってご満悦〜と、そこにフラフラ〜と男性が。話してみたらさっき行った蕎麦屋の利休庵のご主人だった。というわけでまた利休庵に戻って記念撮影。
IMG_7032
その後ジェラート食べようと思ったらおやすみ。
ふらふらと海沿いを歩きます。ヨットハーバーがあった。いいな〜。私の今の夢は漁船を買うことです。いつか手に入れたい、マイ漁船。(好きな時に飲んで釣りする生活に憧れている)
IMG_7977

もうここら辺は日本酒が回っていてあんまり何していたかははっきり覚えていないんだな〜。(店には入っていないよ、たぶん)
IMG_9788
と、そこから不意にゲームセンターに吸い込まれました。というのも、ピンボールや射的がたくさんある懐かしの雰囲気。
IMG_9467
ピンボールは全然入らなくて、残念賞に謎のキーホルダーをもらった。。なんぞww
IMG_3456
ゲームセンターオーナーのおばちゃんが割と強烈だったから、14億円を持ってもらったらなかなかな画に。
IMG_5958 2
と、そんなこんなで遊んでいたら割といい時間に。歴史的な建造物とかお庭とか神社系はもういいだろう、ということでタクシーでせかいえに向かうことに。おすすめしてくださったみなさんすいません!w

もうここまででかなり順調で楽しくて大満足の旅になってるんだけど、さらにここからが本番。
極上お宿のATAMI せかいえさん、、、ドキドキする… こんな酔っ払い、入れてもらえるのだろうか…!

続きます。

次は…
〜ATAMI せかいえの施設編〜
〜ATAMI せかいえのご飯&MOA美術館編〜
と続きます〜

-----------------
Relux   https://rlx.jp/
ATAMI せかいえ https://rlx.jp/21042
-----------------

3月末で会社を退職したので、はて、これからどうしようか、色々旅でもしながら仕事してみるか。と思っていたところにReluxさんから「Reluxアンバサダー」になってみませんかとお声がけいただきました。
お?Reluxアンバサダーとはなんぞや? 聞いてみるとReluxを使い旅行のプランを立て、実際に旅行をしてその魅力を伝えるものということです。
IMG_8303
↑サッカーの香川真司選手がRelux公式アンバサダー!

Reluxを運営されているLoco Partnersさんにお話をお伺いし、超楽しそう!ということで即答でお引き受け。
早速4月上旬にサラリーマン生活の疲れを癒しましょうということで、温泉旅に出ることにしました。
まずはどんな旅をしたいかの希望をReluxのコンシェルジュさんに相談することに。
無料で相談に乗ってくれるというのです。
scs0003

Reluxコンシェルジュは、テーラーメイド型の旅行提案サービスです。(無料)
ご要望に応じて一流ホテル・旅館の滞在プランをご提案します。

たとえばこんなシーンでご利用下さい。

「大切な人との記念日に、海の見える宿に泊まりたい。」
「一人旅で非日常的な体験のできる宿に泊まりたい。」
「美味しい魚料理を食べながら家族でゆっくり過ごしたい。」
「会社の役員研修で、東京から2時間程度の会議室のある一流ホテルに行きたい。」
「転職旅行として、1−2泊だけリッチな一人旅をたのしみたい。」

Reluxコンシェルジュが、会員様の興味や条件に合わせて、ご提案させていただきます。
もちろん、厳しいRelux審査委員会を通過した、予約の取りづらいホテル・旅館だけをご紹介致します。
早速依頼してみました。フォームに条件など入れやすくなっているのでとても簡単です。

3月末で会社を退職し、4月から新たなステップを踏むことになりました。
今回の旅行の目的としましては、これまで頑張って来たのでちょっと体を休めて
心機一転気持ち新たに頑張るための時間にしたいと思っています。
海が好きなので、海が見える綺麗な景色と温泉、美味しいお料理を楽しみたいです。
ちょっとした気持ちも入れてメッセージ完了。
フォームからだけでなく、LINE@や電話でも対応してくれて、しかも予約まで代行してくれるというのです。何と便利!

そしたら何と、30分ほどでメールで返信がきました。
田 様

この度は、Reluxコンシェルジュデスクへお問い合わせいただき、
誠にありがとうございます。
Reluxコンシェルジュの●●が承ります。

田様の今回のご旅行が素晴らしいものとなりますよう、
Reluxスタッフ一同にてサポートさせていただきます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

さっそくではございますが、田様へおすすめのオーシャンビューの宿を
ご案内させていただきます。

おおおお!うれしい。よろしくお願いします!!!
<全室オーシャンビュー&露天風呂付き温泉リゾート>
・4/●、●、●と空きがございます。

施設名 : ATAMI せかいえ(静岡県/熱海)
Reluxグレード : ☆☆
施設URL : https://rlx.jp/21042
お部屋タイプ例: オーシャンビュースーペリア
プラン : 【ATAMI せかいえ】【 食彩健楽 日本料理~つくし~】全室源泉掛流し露天風呂付(2食付)
ご予算 : 1泊2食付き大人2名様¥84,240〜※税・サ込

限りなく青い太平洋を望むラグジュアリーホテル。
すべてのお部屋で、相模湾の絶景と露天風呂をお楽しみいただけます。
お食事は、厳選された旬の食材を使い、愛情を込めて丁寧につくられた日本料理。
各国から厳選して取り揃えた日本酒やワインと共にご堪能ください。

こんな感じで3軒のお宿の推薦をいただきました。もうどこも素敵な宿で自分の中のイメージにぴったり合う感じ。空いている日程を書いてくれているのもありがたいです。
Reluxの篠塚社長がテレビでも話していらっしゃったけど、たくさん選択肢があると人って決められないんですよね。だから、その道に詳しそうにオススメない?と聞く。で、そこで提示された中からだいたいみんな決めちゃうと。
あ〜わかる。食べログにたくさんお店が載っていても実際に自分の希望に叶っているかって判断できなかったりするもんです。
今回もコンシェルジュさんに委ねているからなんか決めようという気になれているけど、実際100軒近くの宿が提示されていたら、もう全然決めらんない気がするわ…。

ということで、3つに絞られた中から悩んで今回はATAMI せかいえ」さんに行くことに決めました!

理由は…
・眺望が素晴らしすぎる!海がどーんと広がるパノラマビューを堪能してみたい!
・熱海ってそういえば行ったことないかも!
・部屋の雰囲気がカジュアルモダンな感じでタイプ!泊まってみたいかも…

てな感じです。
せっかくなので、オススメされたプランよりもワンランク上のお部屋でお願いしてみました。

コンシェルジュさんからのメールに希望の日程を伝えて予約をとってもらうこともできるようですが、せっかくなので今回は初めてなので自分でサイト上から予約をしてみました。
シンプル設計のページなので簡単。迷わず1分程度で予約完了です。
scs002


うわぁ〜、、、予約してしまった!!!ドキドキ。こんな上質なお宿に泊まったこと…あったっけ??

次は…
〜熱海満喫編〜
〜ATAMI せかいえの施設編〜
〜ATAMI せかいえのご飯&MOA美術館編〜
と続きます〜

-----------------
Relux   https://rlx.jp/
ATAMI せかいえ https://rlx.jp/21042
-----------------

もう10年以上も恋い焦がれていた金沢。
いきたいんですよねぇと言い続けてきていたある日、金沢出身の方に話したら「そんなん、さっさと来たらいいやん」と言われ、それもそうだ。さっさと行って次に行きたいところに進めるようにしよ、と思い立ちチケットを手配した。

金沢は現代建築の天国なので建築ラバーにはたまらん街。また、食べ物も魚介を中心に美味いと聞くし、旅までの日々、ずっとワクワクしてた。

今回の目的は世界的建築家、谷口吉生センセーの建物を見ること、魚介を食べること、そして地元のおっちゃんおばちゃんニーちゃんと仲良くなること。

ただ美味しいものを食べることには興味なし。ただ安いことにも興味なし。観光客向けのただの観光地にも興味なし。とにかくストーリーのある旅を求めてスタート(^ω^)

今回はマイル使いたかったから飛行機で小松空港✈️へ。羽田から40分。近い!
石川県のゆるキャラ、ひゃくまんさん。かわいい。
空港シャトルバスで金沢へ。40分1130円。
最初の目的地はSANAAの21世紀美術館。
シャトルバスを金沢駅で降りず、終点の香林坊で降りるとちょうどよし。
どこを切り取っても美しい。
開館と同時に入ったけどすでにチケットの列が。小学生の団体めっちゃいた。
これがあの!
SANAA建築の楽しみの1つに家具のセレクトもあり。オリジナルはもちろん、空間に合わせて使われる家具は大体透明感あったりちょと華奢だったり。柱が特にだけど、全体的な線の細さが好み。
続いて徒歩10分ほどの距離にある鈴木大拙館へ。谷口吉生センセー作品。
谷口センセーの好きなマテリアル。右の壁面の石は香川の東山魁夷せとうち美術館でも似たようなの使っていたかも。
石の種類を微妙に変えているのも萌え。。
すっかり満足。SANAAと谷口センセーの作品が10分圏内にある天国味わったらもうだいぶ満足してもうた。

でも腹は減る。ということでバスで近江町市場へ。
名物の甘エビやらバイ貝を眺めつつ、近くの寿司屋へ。
貸切で誰もいないからおやっさんとおしゃべり。
まずはのどぐろ。うまー
甘エビと白エビ
ちなみに、写真撮るときはちゃんとお店の方に断りをいれる。あと、『撮るけど点数つけたり批評しないんで』っていうと大体心を許してくれる&けっこう高確率で本音を語り出してくれて仲良くなれる。w

そのまま満腹の状態で市場内のいっぷくさんで金沢おでん。日本酒は手取川。
こちらの車麩は巨大で、ダシがしみしみでおすすめとグルメ友だち推薦の一品。たしかにしみっしみでじゅわわで美味しかった(^ω^)赤巻もうま。
腹が満たされたから消化せねばとウロウロ。エレベーターの名前変。
と、そこに謎のキーホルダー売りコーナー。
よく見るとセルフサービスと書いてある。
もぎとるかちぎりとるか。取り方のニュアンスに萌えw
金は牛乳パックに入れろと。ここではもぎとってと。
眺めること五分。買ってしまった。。。
本当は300円のが欲しかったけど小銭がなくて250円のを買う。
その後も気になる夫婦が現れたり。意外と売れるのかもしれない。
ふと見るとそんなセルフサービスの向かいにメロメロポッチなる喫茶店が。
ヤバい。すごく臭う。これはなんかあるでしょ。。
入るとそこはなんとも言えない異空間。純喫茶ほど暗くないし、かといって明るくもないし、なんだか全然よくわからん店の作り。た、楽しい。
マスターのにいちゃんに聞くと閉店時間は気まぐれ。夜7時に閉まることもあれば朝4時までのときも。ライブもあって、パンクかアコースティック。え?パンクかアコースティック?なんだその振り切り方は。とかとか話していたら居心地よくて1時間くらいたったか。たくさん夜のおすすめの店や焼き物屋さんや変な店情報聞いてでる。メロメロポッチサイコー。
※メロメロポッチは山さん寿司のすぐ隣です。
にいちゃんに教えてもらった焼き物屋さんで皿を買う。
初めての九谷焼。空港や東茶屋街では同じものがここよりも1.5倍の値段で売ってた。
ちなみにメロメロポッチ隣の山さん寿司は多いとき50人くらい並ぶんだとか。
時間がもったいないね!
石川弁、関西ほどきつくなくて柔らかさがあってとても好き。
にいちゃんに教わった古本ガラクタフェア。紙芝居買わなかった。
近江町市場から徒歩10分ほどのところに玉川図書館。谷口吉生センセーと谷口吉郎センセー親子の唯一の共同作品。築年数はかなりのものだけど、経年の良さがにじみ出てていい空間でした。
  
で、また市場に戻って、甘エビとボタン海老を買う。
宿に向かう途中にあったおしゃ雑貨屋さん
ん?和室?椅子??
和菓子とおしゃ雑貨を売る店だった。
謎。
とりあえず上生菓子食べる。
店の名前忘れた。橋場の近くです。
ほんで、ゲストハウスに到着。
シェアキッチンでさっき買ってきた海老をさばく。
天狗舞と甘エビ。
剥いた。ヘタッピだった。YouTube見たけどうまく剥けなかった。悲しい。
でも、ウマー!
ガス海老も買えばよかった。地元の人はガス海老の方が好きなんだとか。甘エビよりも甘〜いのだ。
ちなみに泊まったのはハッチ。最強におしゃで、キレイで、安くて、サイコーのゲストハウス。友だちのおすすめで来たけどここにしてよかった!

エントランスで金沢のお土産品や雑貨が販売されてる。
カフェもあって、夜はお酒も飲める。接客もとてもよくて、また金沢来るときもここにする!

この日は中秋の名月観賞会をやるから兼六園が夜間も開放されているというので行ってみることに。
ライトアップされてるかと思いきや、月を見る日だから逆にライトというライトがほとんど消されていてただの大雨が降る真っ暗闇の巨大公園だった。
端的にいうと‘地獄’だったw 
暗いし怖いし寒いし心細いし。
ただの肝試ししてきたw
その流れで向かいの神社へ。ここも誰もいない。屋台は空いてるけどその店主すらいない。みんな何かに消された感。。
ん!お!!!
誰もいないところに振る舞い酒がなんと20本も!しかもほとんど口あけでほぼ満タン状態。地獄からの天国!!
ただ、本当にひとっこ1人もいないので飲んでいいのか、、と思ったけど、勝手に飲んだ。たくさん飲んだ。シアワセ〜(^ω^)
そしたら近くの売店におっちゃんがいるのを発見。しばらくおっちゃんの娘さんの話とか私の変な旅の仕方の話をする。
そしたら雨の中こんなとこまで来てくれてありがとうとオマンジュウくれたw
しばらくすると神社の宮司さんも来て一緒に飲みはじめた。神様のことたくさん教えてくれたけどもう酔っていて具体的なことは忘れたけど、とりあえずファンキーな宮司さんだった。あれほんとに宮司さんだったのだろうか。。

※その後他の店で宮司さんのこと聞いたらみんな知ってて変わり者だけどとてもいい宮司さんだと。振る舞い酒も供えものではなくちゃんとご自身で仕入れて提供してるとか。ええねぇ。

そろそろ片町のスナック行かなきゃ、ということで神社を後に。21世紀美術館はライトアップされていていい感じだった。
ここ、次回は来よう。餃子美味いらしい。
携帯の充電器なくなってその後はキャッチのにいちゃんネェちゃんに世話になる。みんなやさしい。

メロメロポッチのにいちゃんに紹介されたカレー屋さんにはなんか変な感じで断られた。変わった人だとは聞いていたけど、悔しい。なんで入れなかったんだろうと近くの立ち飲み屋のマキコさんに愚痴っていたら、いいとこにつれてってあげると。
電話し始めるマキコさん。
連れていかれた先には超大量のドライフラワーや朽ち果てた植物、なんとも言えない絵が飾られた
なんか、生気を吸い取られた気がした。
ちょうど私が着ていた服も葡萄柄のトレーナーで、なんとなくここに呼ばれたからこの服選んだんかな、、っていうくらいまぁ変な服なんだ。
喫茶店らしいけど、なんか、もうかなりおかしな気分。アーティストであるママと話していても異次元にいる感じでふわふわ。あなただけの空間を作るべきなのよ、とどんどん洗脳される。なんだろうこの感覚…頭ふにゃふにゃになってきた。マキコさんとこに帰ろ。

と、そこにさっき入れてもらえなかったカレーやさんとすれ違う。『なんて言えば私はお店に入れたのでしょうか?』と旅の恥はかき捨てとばかりに聞いてみた。

すると、おいで。と店に入れてくれた。
カレーのご飯をほとんど炊かないとか謎がいろいろあるんだけど、この店に辿り着いた理由や旅の話なとしていたら『だいぶ理解し合えたね』と。『今度金沢来るときは電話かけて来てね。』と。は〜うれしい。また来る楽しみができた(^ω^)

再びマキコさんとこ戻る。常連ばかりの店でみんな友だち。あぁ居心地いい。最近ポンコツなんだ〜と話すとポンコツでいいのよ。と。弱みがある人の方が魅力的なんだからと。や〜いい人ばかりだ。
愉快な仲間とは別れて彼らが勧める金沢のゴールデン街なる片町の美食街へ。
が、なんと、ここでもまた入店を断られたw 今回はマスターに試されたのだが、時間もなかったので宿に戻る。ここは次回絶対にリベンジだ。
ハッチに戻りシャワー浴びて外でマッタリしていたらハッチのバーで飲んでいたおっちゃんらと合流。
右の人は後から来た代行さん。おっちゃん、代行さんにも飲ませようとする。『代行が代行呼べばええんや〜』とニコニコ。
『今度松茸の会やるから来いや〜(^ω^)』とな。
1日目おわり。

2日目。また市場から。
朝の方が魚も多くて活気があってええね。
また甘エビたべた。
朝食のハマグリとアオリイカ。
朝8時から日本酒飲んだら眠い。おっちゃんは『寝てったらええやんガハハハ』とな。
気を取り直してシーラカンスK&Hの金沢海みらい図書館へ。近江町市場前からバスで15分ほど。建築家曰くケーキのハコ。まさに。
全面パンチングウォール。積雪が多い地域で天窓からの採光がとれないからこうなったんだとか。
2.3階ぶち抜きで、とにかく明るく気持ちがいい。原広司センセーの宮城県図書館のあの暗さは一体なんだったんだろうとつい思ってしまった。。公共施設は明るい方がいいなぁ。。
あ、玉川図書館や海みらい図書館など公共施設の場合はちゃんと館内撮影の許可とってますんで。一応書いておく。

で、そろそろ回転寿司食べようとまた近江町市場へ。東京の人は金沢の回転寿司というとまいもん寿司をおすすめするけど、地元の人に聞くとみんなもりもり寿司か大倉を勧めて来るので、大倉に行ってみた。
うまかった!回転寿司で十分満足できますな。でも、回転寿司で比較するとやっぱり道産子から見ると北海道の方がネタのラインナップや魅せ方は段違いでレベル高いかなー。

午後の東茶屋街に向けて橋場あたりを歩いていると柳宗理の記念館が。金沢の美術大学のセンセーをしていたんだとか。
このキッチン買いたい。
そんなこんなで東茶屋街へ。趣あってええですな。
観光客多スギィ
お目当はこちら。芸妓さんの芸を見に、遊びに来た。
金沢観光協会が主催の会でひと月前には申し込み。
実際に一緒に遊んでくれるの。とにかく陽気で優しくて可愛らしくてもう、すっかり虜になりましたん。
金沢のお茶屋さんは一見さん御断りだから芸妓さんに会える機会はほとんどないけどいつか入れるような人になりたいわぁ。。旦那衆ならぬ女将衆になりたい。

隣のおっちゃんはここ一年ほど芸妓さんにハマっちゃってわざわざ栃木から会いにきてるんだとか。もう定年過ぎたからこのくらいの夢、いいでしょうと。
とてもたのしそうでこちらまでハッピーな気持ちに。
  
でれでれ
東茶屋街は観光客で溢れてるんでそそくさと退散。ハッチ向かいの禁煙室なる喫茶店で2回目のランチ。
ここのお母さんもサイコーだった。今回の旅、とにかくカウンターで話した人みんなあたり。
お茶屋さんのことから芸妓さんのことからいろいろ教えてくれた〜(^ω^)
観光客向けに作られた洒落たかふぇーなんかじゃこういう体験は得られんのよね。だから私は観光客向けの店には入らない。
ハンバーグまいうー


で、最後に移動。兼六園前から1日ニ本出ている温泉地行きのバスに乗って45分、片山津温泉 総湯へ。
谷口センセーの作品の中でも新しいし、温泉は初めてなのではと!
葛西臨海公園展望広場レストハウスにとても似た造り。
谷口建築の魅力のひとつが建物までのアプローチとスロープの美しさ。
惚れ惚れしてる間に日が暮れてきた。

お風呂もサイコー!
中は撮影できないからWEBサイトどうぞ。谷口センセー建築の温泉に入れる日が来るなんて…シアワセすぎた。

風呂上がりに屋上へ。
浮き上がる建物がまた美しくてうっとり。
この後空港まではタクシーで。
温泉上がりでポカポカの体で小松空港出発。金沢上空。

あ〜楽しい旅でした。まだまだ行きたいところや会いたい人がいるからまた来よう。
情報をくれたみなさまありがとうでした〜❣️




↑このページのトップヘ