カテゴリ: グルメ

どうも、こんにちは。
いきなり質問ですが、今、おなか空いてますか?
というのも、先にお伝えしておきたいことがあるんです。
今から見る写真たち、飯テロかも?って気がしているんです。
おなかが空いている人は、(そうでない人も)もうどうにもこうにも食べたくなっちゃうと思います。
ブログを見終わる頃にはかなりの確率でこのお店に行きたくなっちゃうと思います。w

ぜひ、行ってください。笑 先に結論伝えるパターンのやつです。

ほいでは、はじめまーす。

一品一品とても丁寧で、でも飾らなくて、間違いなく美味しい。安心して人を連れてこられる、そんな和食のお店があります。フーディーな方ならご存知の食幹の六本木店。
この日は秋のいい食材で作ったものを食べて欲しいということで、ご招待いただき行ってきました!

食幹 龍土町
http://discovery-t.com/shokkan-ryudo-cho/

オープン初日にも行ってブログ書いてたw
http://denco.blog.jp/archives/74678946.html

IMG_0165

場所は新国立美術館のすぐそば。豚組の地下にあります。
IMG_1138
オーナーの幹さん。昨年から現場に戻られて調理してます。目の前で手さばきを拝見できてうれしい!
IMG_8205
六本木のお店はオープンキッチンを取り囲むようにカウンター席が配置されています。目の前で作られる料理を見ているとそそられちゃってついつい「同じものをください」と言っちゃうかも!w
個室もテーブル席もありますよ〜。
スクリーンショット 2019-11-16 10.30.42
今日の食の仲間はブロガーのニックとフードビジネスに取り組む小澤くん。お店ともステキな化学反応が起きるといいな!と思ってます。
IMG_4089
まずは前菜から。もう前菜がステキすぎて単品で選べない…という状況になった方はお店の方に「まかせます」の一言でいいと思いますw いい具合にしてくれます。

で、出てきたのがこちら。もう最高の天国プレートでした。
IMG_9484
あん肝でしょ、
IMG_3474
タコの柔らか煮でしょ、
IMG_2765
柿の白和えに、
IMG_0202
コハダの酢シメとセロリの浅漬けに、
IMG_4166
シラスと生うにのユッケ
IMG_6241
はあああ、、もうこの時点で骨抜きっす。。。あん肝はもうゼツミョーなやさしさが溢れまくってるし、柿に白和え!?の驚きだったり、タコの柔らか煮のお口に入れた時のふんわりと広がる感じなどなど、もう一気に感覚がビンビンに刺激されます。

しかもカウンター席だからこんな感じで会話できます。すぐ打ち解けてるw
IMG_5715

と、ここでもうやっばいのがきました。大穴子天の磯辺巻き。穴子をあげたものを海苔に巻いて食べるんだけど、写真ではこの美味さは伝わらん。ぜひぜひぜひ、この感動巻、食べてほしい。
IMG_0625
トロたく。食幹の素晴らしいところは器も上質なものを使っているところ。
このトロたくちゃんが乗っている器、うん千円しますw 何で知ってるかというと、私もこの作家さんが好きでよくウォッチしてるのです。飲食店でこんなにいいもの使ってくれるなんて、、、ステキなお皿まで楽しめてほんとありがたい。
IMG_4355

ハマグリの天ぷら。や〜、うまい。
IMG_7106
ブリの照り焼き。もうもう、たまらずご飯頼んじゃいましたw
IMG_6030


ついにこの季節がきたか…!白子ポン酢です。ぶりんっと大きくてお口でとろ〜ん。はうううう。。
IMG_6865
美味しすぎるから別角度でもう一枚!笑
IMG_9497
カウンター席だと奥のスタッフさんの動きも見えるので、あっ私たちの頼んだだし巻き卵を作ってくれてる〜なんて思いながら待つのも楽し。です。
IMG_9261
ぷるんっ ぽむんっ ほわんっ 
IMG_5585
豚つくねと蕪のすり流し煮はじゅんわりとお肉のエキスと蕪のとろみがからまります。
IMG_8176
はあああ!幹さんが、、お肉切ってる。。
IMG_4100
出会える日を待ってたよ〜!らぶ〜。と牛タンステーキに話しかけ始める。
IMG_4103 2
食べる前に見て香って楽しむ方もいました笑
IMG_4101

そして、、最後です。
土鍋がドーンと置かれます。
IMG_3764
中にはたっぷりの栗が入った炊き込みご飯。
IMG_1783
写真だと伝えきれないのだけど、ツヤッツヤのほっかほかで、湯気が甘く空間に広がります。
IMG_1083
感じてますね…
IMG_4111
美味すぎて…の顔ですねw
IMG_4115

最後のシメはマスに入ったアイス。とっても軽やかなのでたくさん食べた後でもペロリでした。
ビジュアルも楽しいのでぜひ頼んでみてください。
IMG_4466

と、楽しくて美味しい時間はあっという間に。食幹に来ると、とても季節の良さを実感できます。
秋の魅力がどっぷり詰まったメニューがたくさん。もう少しすると冬も楽しめそう。
四季折々の食材の魅力を引き出すプロがいる、食幹、みなさんぜひ行ってみてくださいね。

インスタでも美味しそうなのを発信されているので、フォローおすすめ!
 https://www.instagram.com/team_shokkan/

GoogleからそのままWeb予約できるよ。便利〜
 食幹 六本木|shokkan roppongi 
 https://goo.gl/maps/DLKcAMCL4Qx24PTV8

今年のお誕生日当日はここ2ヵ月色々あった自分へのご褒美や目標という意味を込めて竹富島でのんびり過ごしました。とても良かった。大満足!と思っていたら、気のおけない友人たちがさらにGWに誕生日を祝ってくれると。ありがたい。。。涙

事前に友人に「寿司は好きか?」と聞かれて思ったことは、
「どんなに食欲がない時も、寿司のことだけは片時も忘れないくらいに好き」でした。北海道の石狩出身だし、一人暮らしになってはじめにしたことは"毎日刺身を食べる"だったくらい魚介が好き。魚介に溺れたい。(なんの欲w)

なので、出張寿司が我が家に来ると聞いて、大興奮…!
でも、私、寿司職人の友達が多くて呼べばやってくれるし、何が違うんだろ?の疑問も。
そんな期待と不思議な気持ちが混ざった状態で当日を迎えました…!

えっと…もう結論言っちゃいますね。
若いイケメンが寿司握ってくれるサイコーなサービスだった!!!
IMG_0922

では、詳細のご説明を…笑
今回お願いしたのは SUSHI+さん。まだ3月にサービス開始したばかり。
高級出張寿司ということで頼まれたら色々なところに出向くということで、この日は電車で来たそう。場所によってはレンタカーでお邪魔したりもするようです。
料金も6000円〜とリーズナブルですよ〜。

開始時間の30分前にきて準備を始めます。
いつものキッチンが、なんかユニフォームを着た職人さんがたつと違うステージに見えます!
IMG_0867
てか…思っていたより…若い!
IMG_0873
お寿司屋さん=職人さん=おやっさん イメージがありましたが、来たのは若者。
だけど寿司の学校を出て寿司屋で修行もしていたとのことでとても仕事は丁寧。
IMG_0875
目の前で準備してくれるので、早めにきた友人がパシャパシャ始めましたw
IMG_0877
撮影は全然オッケーっすー!の気さくな感じがとても好印象!
IMG_0879
仲間が集まったのでカンパーイ!
この時に出た意見としては、お寿司屋さんに行くとなんとなく日本酒頼まないといけないのかなとか思っちゃうのと。本当はワインも好きだし、自由に飲みたいものが飲みたいのよねと。
なのでこの自宅でドリンクは自分たちで好きなのが用意できるのは気が楽で楽しい!!!!
IMG_0880
一人一人の席にお通しが。
IMG_0882
ホタルイカはふっくら、エビの酒盗和えも美味しい〜
IMG_0884
お!イケメンが中トロ握り始めた!と思って行くと ポージング!w
IMG_0886
カメラ目線もバッチリww
IMG_0890
寿司の自然光バージョンってあんまり見ないですよね。夜に薄暗い店内で食べることが多いのでこの写真の仕上がり自体もとても新鮮!
IMG_0892
炙りもしてくれます。
IMG_0896
このきゅうりっぽいものは…なんと、、メロン!!!
IMG_0897
事前にこういうのを出して欲しいなどのリクエストもできます。
IMG_0898
IMG_0899
IMG_0901
IMG_0902
赤貝…好き…好き…大好き…
IMG_0903
もう、、、美味しすぎて眉毛がへの字になっちゃった(でん)ww
IMG_0905
IMG_0907
まさかの、職人があーんしてくれている…!!!笑 
IMG_0929
うにもモリモリでした…!
IMG_0912
実際はネタはもっと出ていますよ〜。
途中で記念撮影もスタッフさんがしてくれました!(撮影はサービスには含まれていないはずw)
ちなみにこのTシャツは去年の誕生日にみんなが作ってくれたものですw ありがテェ
IMG_0914
と、思ったら、なんと魚介丼に花火が!!!!
ハッピバースデーの歌と共に魚介が出てくる幸せったら!!!ない!!!www
IMG_0916
すごい、、魚介のバラw
IMG_0918
よーく見るとうにも巻かれて花になって…いる…?w
IMG_0919
ほんでイケメン職人たちと撮影のサービスまで!!!
IMG_0922
みんなありがちょー!!!
IMG_0925
興奮しすぎている図ですw
IMG_0927
最後に残った中トロと赤身で太巻きを!はみ出てる!!
IMG_0931
クァああああ!美しい。。
IMG_0932
最後まで美味しかった。
良かったことまとめ
・自宅なのでリラックスムード
・好きなドリンクを好きなだけ飲める
・他の客のことを気にしなくていい
・職人がとてもフランクで気さく
・若いので撮影にも柔軟だし理解がある安心感
・緊張せず友人のように接することができる
・かといってネタが手抜きということはない
・寿司ネタの事前リクエストができる
・ネタはどれも美味しい
・バースデー対応もバッチリ
・お値段もお手頃
・自宅はもちろん、会社のパーティもOK

てな訳で、とっても良かったので、次は7月の末に予約しちゃったw
また会えるのが楽しみです!
SUSHI+のお三方、本当にありがとうございました!!!


とってもおすすめなのでぜひ一度ご体験あれです〜にっこり
でんこの紹介と言うといいことあるかも?ですw
IMG_0935

2018年10月25日からCiftのメンバーと毎日朝ごはんを作ってみんなで食べています。

44806368_2163030063729961_1083197611113971712_n

なぜ始めたのか?
・Ciftメンバーの家族が出産して戻ってきてご飯を作って欲しいと声をあげていたから
・他にもおかずのおすそ分けがあると嬉しいというメンバーがいたから
・Ciftのメンバーとのコミュニケーション量を増やしたかった
・私自身が料理をしたかったから

いいことは?
・毎日様々なCiftメンバーと話せるので楽しい
・プロジェクトが進んだり、課題解決に向けた話ができる
・毎朝6時起きしていてヒマだったからその時間が有効活用できていて嬉しい
・作ったことのない料理にチャレンジできていい
・リクエストがあり、薄味で作っているので、自分の健康にもいい
・少しずつ掃除もしているのでキッチンがきれいになって来た
・外部の方もサクッと来てくれておもしろい話をしてくれるのがうれしい

朝ごはんを食べに来たい外部の方へ
・どうぞでんの知り合いであればどなたでもどうぞ
・8時半頃に食べ始めてだいたい1時間くらいで終わります
・来る予定日の前日にメッセージをでんまで送ってください
・Ciftにメリットあるような、おもしろい人が来たらいいなーと思ってます
・寝坊したので行けませんのメッセージは不要です
・↑そのままゆっくり寝てください
・食べたら片付けにご協力ください
・帰る前にドンブリ(共有お金BOX)にお金を入れて行ってください
・差し入れは基本的に不要。野菜肉魚系はよろこびますが欲しいと言っている訳ではありません。
・気遣い無用。

Ciftについて
http://cift.co/about

Ciftにはこんな人たちがいます
http://cift.co/people

日時
2018年10月25日〜11月5日まで。毎日。
だいたい8時半頃から食べ始めます。
終わる時間?その日次第なので、来るなら8時半頃に来てください。

アクセス
渋谷キャスト アパートメント 13F 
http://shibuyacast-apt.jp/
渋谷キャストに明治通り側からお越しいただき、真ん中のエスカレーターを上がると左手にオフィスエントランス、カフェに続いて最奥にアパートメントのエントランスがあります。

13FのCift入館案内
CAST. APARTMENTエントランスに着きましたら、私までメッセージをください。部屋番号を伝えます。
13Fまで上がったらそのまま住居フロアの真ん中にあるフリースペース隣のキッチンにどうぞ。

熟成肉を扱う旬熟成さんの新しいお店がGINZA SIXさんにオープンし、現在新たなクラウドファンディングにチャレンジ中ということでご招待いただき試食会にお邪魔してきました。
※ちなみに私は今CAMPFIREさんの広報でもありますが、飲食店がクラウドファンディングを積極的に使うことが業界全体の発展になると思っているのでmakuakeさんのプロジェクトも応援しています〜。

旬熟成さんはGINZA SIXの13F。
わー、、、エントランス付近のスペースがとても広いし、旬熟成さんのビジュアルもとてもおしゃれです。
IMG_6684
店内も広くて明るい!
IMG_8469
IMG_7882

さてさて、今回は旬熟成さんが新たに開発した、フレッシュの肉を熟成させる際に使うシートの実演を見せていただきました。
IMG_3985
お肉登場〜
IMG_3769
このフレッシュなお肉をエイジングシートで包んで熟成させます。
やさしく包んでいくオーナーの跡部さん。
IMG_5289

【より早く】【より安定的に】【誰でもどこでも】をテーマに、2年の月日を経て開発したのが『エイジングシート』だそうです。

『エイジングシート』は業界では今まで無く、そして世界にも類を見ない、新技術によって開発された、まさに“魔法のシート”です。『エイジングシート』で作った熟成肉は従来の半分くらいの期間(旬熟成では、熟成庫で100日間)で仕上げることができ、シートには熟成化に必要な菌だけを付着させ、人体に有害を寄せ付けないため安心安全に熟成肉を作ることが可能となりました。

早く安定的に熟成肉が作れる魔法のシート…ってなんかすごい。(理系出身ですが、生物にはとても疎いので表現が乏しい…すいませんw)
この『エイジングシート』の誕生により、牛や豚はもちろんのこと、今まで発酵熟成が困難とされていた鶏肉や、獣臭が強い鹿や猪などのジビエにも臭みが無くなり柔らかくなるなどの効果があるなど、『エイジングシート』の可能性が広がっています。

今後も日本で生まれた発酵熟成という技術を国内に留まらず、海外に向けて発信し、拡大していうことで新たな日本発の食文化を作り上げていきたいと思います。
という訳で、実際に実食をば。
まずはタルタル。30日熟成のものということで、食べる前から香りがちが〜う。
普通のお肉では感じられない香ばしさがあります。肉の弾力もちょうどよくてとても美味しい!
IMG_0201
続きましては食べ比べ。
左がフレッシュなお肉で、右が熟成肉。全然見た目の違いはありません。
ちなみに奥から
 ポーク
 黒毛和牛
 アンガス牛 の順に並んでいます。
こちらがフレッシュだけど、普通に美味しいw 割となんでも美味しいと思うタイプなので…
IMG_9362

そして熟成肉をいただきます。
IMG_6916

って、、あ、、?ああああ???
もう全然違う食べ物になっている…これは…
箸でつまんで口に持ってくるまでにすごく芳醇なでも少し癖のある独特の香り。この旨味ねっとりの香りと柔らかい繊維でとろけるような食感はハマる!!!
シンプルに塩で食べるのがお肉の味を感じさせて良さそう。

このほかにもサーロインの炙りなどいただきましたが、通常のお肉よりも脂がしつこくなくてさっぱり、口からとろ〜んととろけて消える感覚がとても新鮮です。

IMG_7072

店先でもエイジングシートに包まれたお肉が待っていますが、残り少しのクラウドファンディングでもリターンでお肉をいただくことができるプランが展開されています。
ぜひこの魅惑の熟成肉ワールド、経験してみてください!この沼はハマるぞ〜www
プロジェクトはこちらから
スクリーンショット 2018-06-06 14.19.00

旬熟成さん、ごちそうさまでした!

というわけで、もうかなり施設を回っただけでも大満足なんだけども、お楽しみはまだまだありまして。大事なご飯タイムです。

いただくスペースは個室になっていて厨房も目の前でオープンスペース。とっても広くて料理人さんの作業も全部みることができるようになっています。
IMG_5023
目の前でお肉焼き焼きスタートです。
IMG_3313
肉料理のフルコースですが、まずは春の食材から。桜海老と菜の花のお浸しをはじめとした前菜のプレートがもう楽しくて。
IMG_3316
お吸い物をいただき、怒涛のお肉祭りがスタート!豚スペアリブの炭火焼に辛くないプチプチの蜂蜜辛子をつけていただきます。
IMG_3322
地元の野菜と穴子のサラダ、この味付けどうなっているの…私の中での穴子史上、最高だった…
IMG_3323
ビールもせっかくなので熱海ビールいただいてみたり。
IMG_3325
阿波尾鶏の炭火焼もまた絶品。。。
IMG_3467
厚切りの牛タンだってしっとり、お口でとろけるうまさ…ホロホロですわ…
IMG_5895
青木シェフがスタートの時から大事に大事に焼いてくれた黒毛和牛フィレもこのツヤ…長く焼くことによってこの美味しさが出るんだよと。ぐぬぬぬ…悶絶…!!!
IMG_0579
もう、出てくるどれもが美味すぎて、最後のすき焼き丼の時にはこんな感じw 美味すぎて辛い…w
IMG_8607
最後はデザートもいただいてお腹いっぱい。オーナーの大前研一氏特製のoh mae God 芋焼酎も美味しかった!
お部屋に戻ってきたら満腹すぎて、もう動けん…こんな感じになりました。。。
IMG_0016

というわけで、夜に行きたいわ〜と言っていたBarも屋上も行かず、お部屋でゴロゴロ。お風呂にも入ってそのままスヤァzzzzz…の幸せな夜でした。


で、朝です。5時半頃に朝の光で自然と目覚めるとそこには天国が。目の前には、朝日が海に輝いて太陽の道ができていました。
IMG_2863 2
静けさだけがそこにはあって、ただただ穏やかに揺れる海。しばらくボォーっと眺めていました。


またちょっと二度寝して、また起きてお風呂はいって、上がったらまたボォーっと。
IMG_2252 2

体を"無"の状態にして、またいい空気を体の中に取り入れたような、そんな循環の時間。至福のときでした。
朝ごはんはゆっくり10時から。また目の前で作っていただきます。
IMG_8608
オムレツとフワッフワのパン食べて、お腹いっぱい。
IMG_8472
支度の準備をして、11時にチェックアウト。
あぁ〜、最高すぎて帰りたくない。2泊する妄想をし始めました。
せかいえのみなさま、本当にありがとうございました。秋に再訪決定!!!
最後は支配人の堤さんとパシャ!
IMG_5114 2

さて、ここからMOA美術館へ。せかいえさんの送迎車で送っていただきました。
ちなみに、MOAはエムオーエーと読むそうです。モアじゃないんだって。熱海行くと言ったらみんなから激プッシュされたスポットです。
どんなとこなんだろ?と思っていたら、、
ん、
IMG_4988
ん、、、
IMG_6534
んんんんんん????
IMG_8381
なんなんだここは… ひたすらエスカレーターで上がりまくってやっと地上へ。
IMG_4256
眼下にはすごい景色。せかいえからもすごかったけど、高台にあるこちらはまた広がりがすごい。
IMG_5691
展示も北斎と広重展が開催されていて内容もよかったし、何よりゆったり鑑賞できたのもよかった。東京の美術館は混んでるしねぇ。杉本博司さんのモノクロの海がボワっとした写真作品も、海と向き合った二日間の時間を経て見ると、ものすごく体に染み込んでくる感覚。
あぁ、杉本さんの作品って場所の力でこうも違って入ってくるものなのか、、と感動しました。
他にも日本庭園のあるスペースなども素晴らしくて、みんながMOA美術館をおすすめした理由がわかりました。とてもよかったー!
IMG_7228

この後は、そういえば魚介をあまり食べてないかも…ということで、お寿司屋さんへ。
IMG_4404
地元の魚介を満喫して、最後はのんびりしましょうということで純喫茶のボンネットさんへ。充電切れてしまい店内の撮影叶わずでしたが、とてもレトロで雰囲気のある素敵な喫茶店でしたヨー。
IMG_8661

危うくまたゲーセンで遊びそうに、はならず、駅まで散歩して。
電車まで時間があったので熱海駅前の足湯に浸かって、体ホカホカに。

気持ちいいまま、またスーパービュー踊り子号へ乗り込みます。
IMG_1015


出会った人や見た景色、食べたものとその時間たち、全てが心地よくて、最高の時間になりました。
IMG_4143 2
上質な時間を過ごすと、こんなにも気持ちが満たされるんだね。
本当にしあわせ。
シンプルな言葉にしかならないや。

新しい生活が始まるけど、なんか頑張れそうです。
とてもいい時間をくれたReluxさんとATAMI せかいえさんに感謝です。

またいい旅しよ〜

それでは。ちゃおー

-----------------
Relux   https://rlx.jp/
ATAMI せかいえ https://rlx.jp/21042
-----------------
振り返りはこちらから
〜Reluxで予約編〜
〜熱海満喫編〜
〜ATAMI せかいえの施設編〜

↑このページのトップヘ