カテゴリ: どうでもいい話

今、猛烈に興奮している。
年末にこんなしあわせなことが起きていいのか!というくらいのことが起きそうになっている。

はやく言いたい! まだ言えない。

旅行のことを書いたときもそうだけど、この何かが起こる前のしあわせをちゃんと覚えておきたいなぁ。
いざその時がきたらあっという間に過ぎていってしまうものだから、その前とあとの余韻とまで合わせてぜんぶ堪能しないともったいない。
年末ジャンボも当たるなら連番で前後賞までほしいし。あと3日でわたしも億万長者か。待ち遠しいことがたくさんでしあわせだなぁ。

でも年末ジャンボ、当たってしまったら今のしあわせがこわれるんじゃないかと思って当たることへの不安を隠しきれん。と思って気づいた。わたしは多分宝くじが当たらなくてもまぁしあわせなのだ。

そうか、宝くじは今の生活への満足度を測るいい機会なのかもしれない。

ポジティブすぎるか。

では、今日はこのへんでさようなら。
http://www.adventar.org/calendars/1864 24日目終わり。 あと1日だ〜
 

安い店、大好き。
汚い店、大好き。
おっさん大好き。

てなわけでたまに行くのが池袋東口30秒の焼きとん屋の三福

おっさん率95%の濃度で安定感ハンパないのでついつい行ってしまう。

1階はほぼお一人様のおっさん。
2階に上がると女性客もたまにいたりしますが基本的におっさん率高い。

店内こんな感じね。
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13074336/dtlphotolst/3/smp2/

出している焼きトンが死ぬほどうまいわけでも、店員のサービスが際立っていいわけでもない。
(こう書くととても悪い風に見えちゃうとあれですが、料理はうまいしサービスはまぁ価格相応です。)

とにかく雰囲気が落ち着くんですわ。

料理写真撮って載せてもふーんで終わるから特に載せません。
食べログ見れば十分かなと。


でも、これは載せておかなきゃと思っている。

明らかにおっさん率95%ということを店がよくわかっていないメニューが存在していた。



なんでこの店にラザニアとかパングラタンが必要なんだよ… 誰が頼むんだよ…
おっさん女子もこれは頼まないぞ…

2015-02-01-21-06-04

熱さに耐えてますってどんなアピールだよ…
2015-02-01-21-07-09

やっぱり旨いのはいいけど、さば焼となす焼のあとに厚揚げくるとか、もうジャンルミックスもいいところだろ…
そもそもやっぱりってなんだよ、やっぱりって…

2015-02-01-21-07-26



もう、なんかこれ見てたらまたさらに三福のこと好きになっちゃったじゃんか・・・


また行っちゃうんだかんね!!


ラザニア・・・今度頼んでみようかな。。。


三福
http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13074336/




関係ないけど、恵比寿駅すぐの田吾作のモツ煮込みはうまいよ。

2015-02-02-12-41-56
 ランチもやっている。夜はホイスの飲みすぎに注意。

昔から基本的にアイスを食べません。
北海道出身なので、体が冷える食べ物はあまり進んで食べることがなかったんですが、これだけはハマってしまったんですよね。

あいすまんじゅう。


あいすなの?まんじゅうなの?って聞かれたら、うーん、どっちかというとアイスかな。でもアイスの中に入っているあんこの量がハンパない。アイスの何倍もあんこが入っててうまいんだよね。

で、そのあいすまんじゅうのドリンクが出ていたのさ。


ただでさえあいすなの?まんじゅうなの?と思うところにさらにドリンク?ドリンクってなんだよ?というカオス感。

でも大好きなので買っちゃいました。
2015-02-22-09-52-23

練乳入りだと!?ただでさえあまいあいすまんじゅうなのに、それに練乳を投入するなんて、なんてワイルドなんだ!

昔からあるよな〜くらいの認識だったけど、あいすまんじゅうって50年以上も販売しているのか〜。

2015-02-22-09-52-52

ほんで、飲んでみた。ストローでそのまま刺して飲めるけど中の色が気になったのでグラスに出してみた。
色、、、あいすまんじゅうのあいすと小豆を混ぜた色!!まんまだ!!!
2015-02-22-10-03-51
 


飲んでみた。



あ!!!!!



あいすまんじゅうの味そのまんま!!!!!!!!!



あいすまんじゅうはかじるものという認識が強いから飲んでるというのが新感覚すぎる。


おいしい。



あいすまんじゅう食べたいけど医者にあいすは食べてはだめです!とか小豆は食べてはだめです!とか言われてしまった環境にいるときはあいすまんじゅうドリンクがあるからもう安心。

でもそんな環境にはなかなかなることはないから、とりあえずあいすまんじゅう冷蔵庫にいれとこ。

てか、まさかのamazonで売ってるのか。さすがだ、感動。

※ちなみにあいすまんじゅうドリンクはイオン上場40周年記念限定発売だったみたい。私はピーコックで買ったけどまだあるのかな〜?限定じゃなくて継続で販売してくれたらいいのにな〜♡

 

それにしても、この商品かなりチャレンジングだな〜。
これを会社に提案した人とお話してみたい。どういう経緯なんだろう。
あいすまんじゅうをドリンクにしてほしい需要はあったのかな。それとも話題作りなのかな。

気になります! 

年末に思いもがけないプレゼントが舞い込んできた。
応募していたメシマズカレンダー2015が当選したというのだ!
信じられない!ガッデム!(←意味はよく知らないけど言ってみた)


まさかこんなところで運を使ってしまうなんて!!


そもそもメシマズって?という方はこちらから。
簡単にいうと、記者をやっている増田さんという方がなぜか飯写真だけはめちゃくちゃヘタクソでどんな美味い料理もマズく撮るという能力に秀でているということなんです。
何がどうなったらこうなってしまうのか、メシマズが出来上がるカラクリについてはご本人も説明できないようです。
でもその摩訶不思議感が増田さんのふんわり優しい雰囲気と激マッチしていい世界観を作り出しています。

大好きです、増田さんのこと。

で、今年酒徒庵という日本酒と牡蠣の名店に増田さんと行った時に私のカメラで牡蠣を撮ってもらえないかとお願いしてできた作品がこちら。
2014-12-01-20-48-37

カメラがいいからそこまでマズそうに撮れなかった。
もっとマズそうに撮れると思ったのに。体調悪かったのかな。

2014-12-01-21-34-43

本人もマズイを求められることにプレッシャーを感じている様子でした。
やはり最高の作品はベストコンディションの時に生まれるのかもしれませんね。


まぁ、うまそうかマズそうかでいったら全然マズそうだけどね!




で、話は戻って今回の企画はこちら。

【読者プレゼント】みなさん待望のメシマズカレンダー2015が完成しました


@narumiさんのブログでメシマズカレンダープレゼント企画が始まったのを見つけたので速攻応募しました。
コメント欄にもメシマズへのアツいコメントをきっちり書き込み熱意と共に応募ボタンをdoneしたったです。


そしたら当選の連絡が。 
先ほど運を使ってしまったと書いたけど、実はめちゃめちゃうれしかったんだからね!うふふふふ。

リボンついてる♡きゃぉおおおお!!!!!
テンションフルMAX!!!!!


ふむふむ、TOLOTで作ったんですね。いいですよね、TOLOT。私もアルバム作ったことあるけど安いしおしゃれだしクオリティ高くて大満足でした。

お、なんだなんだ、いきなり1年分見れちゃうの!!??
あんまり詳細見ちゃうともったいない気がして薄目を開けて見てみましたが、これはメシマズトーン(色合いね)や。期待が高まります!

では、ここから1枚ずついきます。

どきどきしちゃう!
※ちなみに、メシマズさをそのままお伝えするために写真の加工は極力行っておりません。色調整しちゃうと美味しそうに見えてしまうかもしれないですからね!作品を尊重しております。


1月はまめぶ?まめぶなの?たぶんまめぶ。
@narumiさんのところにそれっぽいことが書いてあったからわかるけど、グロ画像としてモザイクかけるかどうか審議されちゃうレベルですね。


いきなり1月でものすごい衝撃がきましたが、気を取り直して2月。
ど、どす黒い。これはなんだろう。
にらが黒い。
にらは火を通すと色味が黒くなっちゃうから生のうちに写真を撮るのが美味しく撮るコツだけど、けっこう火を通してから且つ色補正も明るさ調整もしないとこういう神的メシマズができるのか。
タイミングを逸することもメシマズを作る上で大事な要素ってことがわかりました。


3月です。
これは、、、
たぶん豚肉をグツグツしたやつなんだろうけど、温度感がまったく伝わらない。この料理、わたし知らないやつだ。
冷たいのかな。肉、なんで上に寄ってるんだろう。野菜とかこのあと来たのかな。
結局その場で増田さんがどういう食べ方をしたのか、すごく考えちゃう。想像力を掻き立てる作品ですね。


今回の作品の中でも4月が一番笑ったかな。
たまげた、たまげたよ。。
厚揚げ焼いてるんだね。引きで写真撮ったんだね。全部いれてくれちゃったんだね。
バックが黒で食材がすごく引き立ってるし、形も三角とか半円とかグラフィカルな感じで楽しませてくれてますね。食べたくは全然なりません。


かに!すぐわかった!かに!
これもグロ系。
初夏のウキウキしてくる頃のテンションをがっつり落ち着けてくれる作品ですね。


これはもううんこだろ。


これはもうメシマズっていうより、笑いの方向にいった新ジャンルの作品ですね。
なっげーよ!w


今流行りの熟成肉なのかな。
芋も肉もパン?も全部見事なまでのメシマズ。
8月の食欲のなくなる時期の人々の気持ちを完璧に表現した民意に沿った作品です。


もう本当に店の名前とか公開していなくてよかったな〜とほっと胸を撫で下ろしてしまいました。
こんなの店主が見たらフルボッコもんですよね。
でも、メシマズファンとしては大爆笑でした。
みょうが!!!w

これは意外と美味しそうかも。担々麺が去年からマイブームだからちょっとひいき目で見ちゃっているのかもしれません。
もしかするとメシマズ写真というのはその人のその時の心理や体調、好みなどによって見え方が違ってくるのかも。毎日見つめていると新しい世界が切り開けるかもしれない壮大なロマンを持った奇跡的な何かなのかも。
宗教観芽生えてきた。

これ、色のトーンが私の大好きなキューピーのADをやっている服部一成さんの作品に通づるところがあります。
肉が何の肉なのか、どんな味なのか、なんて伝わらなくていい。
そこに肉があることが事実なのだから。
わたしは、わたしらしくあればいいんだ。そんな勇気をくれる作品です。


そして大トリです。
み、見えない・・・w
よーくよーく目を凝らして見ると赤い鍋。ん、何かがふんわり浮いている。
これは、六本木で大人気の某豚組しゃぶ庵のしゃぶしゃぶじゃないですか!
しかも私の社長がオーナーの店だ!

というわけで、早速オーナーに見せてみました。

「営業妨害やっちゅうねん!」と一言。

これは見せなきゃよかったかもの事態になっちゃいました。もうこれ以上は広げず、ここだけの話に収めておくのがよさそうです。 



はー、長かった。
以上でメシマズカレンダーレポは終了です。

これから1年間増田先生の作品と共に日々を過ごします。メシマズが私の毎日を彩る日がくるなんて夢にも思っていなかったけど、未体験ゾーンに突入するチャンスをいただいたことを感謝し、メシマズからたくさん刺激を受けて新しい私を見つけたいと思います。

ありがとう!@narumiさん。そして増田先生!

お慕い申し上げます。


と、このブログをupしたら、@narumiさんからポンとリンクが送られてきた。

http://narumi.thebase.in/items/366039

そして一言「宣伝しといて」と。


オイコラ!売ってんじゃねーよ!


※私は飲食店支援の仕事をしておりますが、メシマズ愛好家であることは業務とは一切関係ございません。それはそれ、これはこれ。です。
 

あけましておめでとうございます。

去年はとてもいい年でした。
今年もいい年になるといいですね。特に目標とかかっちり立てなかったけどちょっと思うところはあります。
自然とやりたいことができたという幸せな状況になったので楽しみながら継続してみたいと思ってます。


そう、昨年末に起きたどうでもいいことがなんだか愉快だったから、メモ。

 ほんとうにどうでもいいことなんだけど、くだらなすぎるから、メモ。



12月27日頃だったかな、ちょっと暇な時間に読もうと思ってBeginという雑誌を買ってみました。

おしゃれに興味のある 特にファッションの小物が大好きな20〜40代 の男性が読む雑誌です。
とりあえず今年はコレ買っとけ!みたいのがはっきり書いてあるのでトレンドがわかりやすくていい。女性でも取り入れられるアイテムもたくさん載っているし、文房具などは女性誌ではあまり取り上げられることがないので勉強になります。
編集部のみなさんもモノオタクなのががんがん伝わってくるので読んでるとどんどん引き込まれていきます。 

といわけで、まぁまぁ好きな雑誌なのですがいつも立ち読み程度で購入するのは初めてでした。

その日は本屋でかるくパラパラとめくってみた程度だったのだけども、2014年のおさらいが一気にできる特集号で、しかも2015年の流行アイテムまで特集しているというではないですか。これは買わない手はないとすぐに判断してしまったんですよね。
ちょうど旅行にもでるかもしれないし、持って行って飛行機の中で読むのもいいかも。なんて考えてました。

新宿の紀伊国屋で買って、その後ちょっと遊んでごはん食べたりして。
で、そのあと新宿ゴールデン街のいつも行くお店で飲み始めました。
BeginはA4よりも大きくて、かばんに入らなかったので席の後ろに置いておきました。

いつもの常連さんとプロレスやら野球の話をして、やっぱりわしはおっさんだな〜。
おっさんと戯れるの好きだし、楽しいな〜。
にしても今日も相変わらずおっさん率高い店だな〜。
”ファンタジーっ”と言いながら乾杯するのをはやらせようとしていた吉本の売れない芸人だと思っていた人は実は社員で、その人をなんとか売れる芸人にするべく”ファンタジー”を乾杯の際に多くの方に強要してきた私の努力ってなんだったんだろうなぁ…
とかとか2014年のくだらないことを振り返りながら楽しい時間を過ごしました。

で、1時間半くらいいたのかな、何杯か飲んで満足したので店を出ました。

で、Beginを店に忘れました。

あんなに読むの楽しみにしてたのに。


もう店に戻るにはちょっと遠いところまで来てしまったしな。
そうだ、明日会う予定の友人がゴールデン街に今日行くって言ってたからお願いしてみよう。
ついでにその子にはもうちょっとおしゃれの勉強してもらっちゃおう。なんて一石二鳥なんだ!とか思いながらお願いしてみました。

相手からは「確保した」と連絡がきたし、お店のマスターからも連絡がきたからこれで安心。
よかったよかったと思っていたのは夜のこと。

そして翌朝のこと。
「Beginがない」と連絡がきた。

あ?夜に確保して朝にないだと?
「何処かに忘れてきたみたい」「読みたかった」ときたけど、もうやんなっちゃったから
「もうやだ」と返してみた。けっこう楽しみにしていたからがっかりしちゃったんだよね。
そしたら「明日には見つけます」「見つける!」「ある!」と返ってきた。なんの自信だよ。
(たぶんこの明日というのも今日のこと。もう飲み過ぎて日付の感覚がおかしいのだ。)

たぶんこ奴はゴールデン街をはしごしている間に泥酔してしまい、途中まではBeginを持って飲み歩いていたが、どこかのタイミングでもうBeginなんてどうでもよくなってしまって忘れてきたのだろう。
そもそもファッションに興味のない人間が飲んでる時にBeginを持ち歩くなんてモチベーション何もないんだから煩わしい以外の何ものでもないよな。
見つけるって言ってるけど見つける気はたぶん3%もないだろうという予感がしたので諦めてみた。
「ちゃんとする」とも返ってきたけど、ゴールデン街住民に「ちゃんとする」なんてことができるわけがない。
そもそも私だって「ちゃんとする」ことができないからBeginを忘れているんだし。

その日の夕方に会ったけどやっぱりBeginは返ってこなかった。

それよりも、その日はその友人宅にてホームパーティをする予定だったので美味しいサラダやローストビーフを作ろうと張り切って朝から買い物に出かけていた。ピーコックに10時に買い物に行くなんてこと、1年に1回もないこと。それくらい気合い入っちゃってたから、普段買わないパルジャミーノレッジャーノとか美味しい生ハムとか買ったこともないような小さなビーンズ?雑穀?みたいなシャレオツ食材も仕入れてみた。
午後にはローストビーフがうまくいってパックに詰めて準備もできたから友人の家にでかけた。

で、途中で気づいたんだけど、ローストビーフ以外の食材を全部家に忘れた。
朝一で揃えたパルジャミーノレッジャーノも生ハムも小さい雑穀的なもの全部忘れてきたんだな、わたし。
もう、Beginを忘れた友人を責められる資格なんて私には一切無いと確信しました。


で、なんなら翌日気づいたけど、友人宅に持って行ったスリッパ、包丁研ぎ器、iphoneの充電器も忘れて帰ってきたんだな、これが。


あぁ、いつかBeginが読める日がくるといいな。

※気づいたかもしれないけど、BEGIN(音楽)の話は一切出ない話でした。文体途中から変わってるのは自分的には好きです。

 

↑このページのトップヘ