カテゴリ: フレンチ・イタリアン

昨日1月20日にオープンした代々木上原のセララバアドさん。

スペインのEl Bulli、デンマークのNoma など世界ランキングNo1に輝いたレストランなどで修行したシェフ・橋本宏一さんのお店です。

ちょうど今Nomaがマンダリンオリエンタルホテル東京にやってきていることもあって話題のお店です。

先週開催されたレセプションに運よくおじゃまできることに!


うっきうっきだよ!!


場所は代々木上原駅から10分ほど歩いた閑静な住宅街の中。


マクアケでクラウドファウンディングしていたので、そこの出資者のみなさまがご招待されていました。


厨房がすぐ目の前なので、シェフたちの細かい作業がじっくり見られます。


お、おおおお???

泡?クリスタル?ポテトチップス?


ん、んんん?んんんん?

どゆこと?

なんとなくちょっと変わったお店っぽいことは理解していたけど、いざ料理を目の前にすると理解するのにちょっと時間がかかる。考えてもわかんないぞ。どういうことだ???


どうやら分子料理という分野らしい。

 分子料理・分子調理(モルキュラー・クッキング)とは、「おいしい料理に関するサイエンス&テクノロジー」です。

 分子料理・分子調理は、「食材→調理→料理」のプロセスにおいて、食材の性質の解明、調理中に起こる変化の解明、おいしい料理の要因の解明などを分子レベルで行う“科学”である「分子調理“学”」と、おいしい食材の開発、新たな調理方法の開発、おいしい料理の開発を分子レベルの原理に基づいて行う“技術”である「分子調理“法”」からなります。


うーん、これは化学の時間に爆睡して育った私にはだいぶレベルの高い話だけど食べればわかるかも!

よし、食べてみる。頭じゃない、体で理解するのだ!

ん、人参キャビア? 人参なの?キャビアなの?


注射器のようなものを並べた装置から人参のソースを落とすと下の液体に浸かった瞬間にたまたまになる。


ぽたぽたぽたぽた。


味は人参。

あじはもちろんおいしいけれども、分子料理って見ても楽しめる料理なのかも。
だいぶわかってきた!


鯛茶漬けと言っているけれども、もう既存の鯛茶漬けからは遠くかけはなれていますわ。
紫のぷるるんの中にある紫蘇味のスープがお口の中でぷちんとはじけて、それが鯛の刺身とからまって鯛茶漬けになるのです。

言葉で表現するのに限界を感じ始めたぞ!


食べるとこんな感じになる!





こちらが橋本さん。
この時は液体窒素の中にメレンゲをいれて、それをすぐに食べると口いっぱいに白いけむりがもっくもくと!
口を閉じると鼻からふあああああああと白いけむりが出てくる。


もう体が料理にもて遊ばれているような感覚。



この他にもお料理をいくつかいただきました!


これも食べられるんです。もう料理という概念かる~く超えちゃってます。


これも面白かった!
ビンの中がもくもくしている。どしたんだろ?と思ったら


こちらのシェフが手元にある器械でビンの中にスモークを閉じ込めていた!


瓶をあけると中からふあああああああ!
鶏にはしっかりとスモーキーさがついています。



と、そんなこんなで、初めての分子料理を楽しんでまいりました。

ただ、セララバアドさんはただの分子料理ではなく、素材のひとつひとつを日本全国から厳選している”モダンガストロノミー”を提供するお店。

日本の素晴らしい生産者やその食材、優れたデザイナーと職人が作る器やグラス、そして、僕の料理テクニックとのコラボレーションによって、新しい日本を表現する事を目指しています。
とおっしゃるように、新たな日本の一面を見ることができるのかも。

今度はちゃんとお客さまとして行ってみたいな!

Dinnerが6800円~と非常にリーズナブルなのもうれしい~

セララバアド
web予約:https://yoyaku.toreta.in/celaravird/

 

先日渋谷勤務の友人とランチをしようと、恵比寿と渋谷の間くらいで待ち合わせをしてみました。
お店は特に決めていなかったので適当に~と思ってウロウロしていたら、とってもとってもとっても素敵な店を見つけてしまった!

Mamma Luisa's TABLE 
渋谷から恵比寿方面に向かって明治通りを歩いて行ったところにあるスーパー ライフの近くにあります。

イタリアンのお店で今年の3月にオープンしたところのよう。
まだ食べログにも情報がない。これはいい。載らないでほしいなぁ。

お店のロゴからして、すてき。
このロゴと外から覗いた店内の雰囲気の良さにイッパツで"ここはいいぞ"と本能がうずいた!

2014-12-17-14-02-08

センターテーブルをはじめとして店内はクリスマス仕様になっていてとってもかわいい!!!!
特別クリスマスのことをなんとも思っていなかったけど、座った瞬間に一気に私の中の乙女心というか、女性ホルモンがグッツグツに湧きあがるのを感じちゃいました。
2014-12-17-13-10-14

カウンター席もあって、キッチンの様子が見えます。
お酒もいろんな種類があるのを発見!

夜もぜったいに楽しいんだろうなぁ~っ
2014-12-17-13-10-19

パスタランチ ¥1600 を頼んでみました。

最初ににんじんスープかサラダか選べるとのことだったので私はにんじんスープを。
寒かったのであったまりたかったんだよね。
2014-12-17-13-16-13

これがね~、、、、、

想像以上にうまかった、、、、、

やさしかった、、、、、

何がいいって、この上にかかっているオリーブオイルが濃度高くてコクがあって、、、
なのでパンをスープにひたすときにオリーブオイルのところを積極的につけると、

アガガガガ・・・うますぎる。。。

グゴゴゴゴ・・・うますぎる。。。


と奇声が漏れてしまう事件が発生してしまいます。

※デートの時は要注意ですぞ!
2014-12-17-13-16-15

んで、パスタがやってきました。
エビたっぷりパスタにチーズがこれまたたっぷり。
2014-12-17-13-35-28
オーナーさんがイタリア人なのでちょっと塩気が強い味付けになっているのかも。
とても美味しくて一気に食べちゃいました!!

ちなみに、他にいたお客さまも海外の方がたくさん。みんなイタリア人ぽい感じでオーナーさんとお友達のよう。
とってもアットホームな雰囲気でここはリピーターさんが多いんだろうなぁと思いましたよ。

で、このあとにスイーツもついてきました。
フルーツを細かくカットしたものをミックスしてシロップに漬けたもの。
かわいいし、食べてて楽しかったんだけど、かわいいワンちゃんが現れたりとかしてもう写真とるの忘れちゃったよー。

ちなみにワンちゃんは店内で飼われている模様。
こちらもとてつもなくかわいくて人懐っこいので、


あががが・・・・がわいい・・・

よーしよしよし・・あしゃしゃしゃしゃ~ 


と犬を溺愛しすぎてただの気持ち悪いオバハンになってしまう事件が起こってしまいます。
※こちらもデート中は要注意ですぞ!

その後お会計を過ぎた所にあったこちらのカード。
かわいらしくてもらってきちゃったのですが、中にはクリスマスディナーのメニューが。

2014-12-17-13-10-37

なんなんこのメニュー・・・・

Starter:
生牡蠣 キャビアに見立てたお野菜と共に
Fresh oyster with vegetable caviar

Antipasto:
アンコウのレモンハーブ パン粉焼き ケバブスタイル 
アンキモのコンフィと白ポレンタ パプリカソース
Monkfish kebab breaded with lemon and herbs
Ankimo confit with white polenta and paprika sauce

Pasta:
エンジェル シュリンプとウニのアーリオ・オーリオ ソース
生海苔を練込んだ自家製タリアテッレ
Nori and garlic flavored Tagliatelle with 
sea urchin and angel shrimps

Pasta:
黒トリュフを包んだジャガ芋のニョッキ
牛ほほのラグーソース スパイス仕立て
Home made potato gnocchi stuffed with Black Truffle
spiced beef cheek stew ragout sauce

Main:
フォアグラとディーツを抱いた鴨の胸肉のロースト 
ポートワインソース
Duck breast stuffed with dates, pine nuts and pistachio in 
port wine sauce

Cheese Plate:
ゴルゴンゾーラチーズのクレム・ブリュレ 蜂蜜とクルミをアクセントに
Gorgonzola crème brûlée with honey and roasted walnuts

Dolce:
スペシャル クリスマス デザート
Our special Christmas dolce

including:
グラスシャンパンとマンマ ルイザからのギフトつき
Glass champagne and a gift from Mamma Luisa’s .

お一人さま¥10,000-per person.



生牡蠣にアンキモにウニに牛ほほにフォアグラに鴨だとぉおおおおお

間違いなく天国へ連れてってくれる最強ラインナップ・・・

この店の雰囲気でクリスマスディナーとかもうとろけすぎて、帰りはもう歩いて帰れないんだろうなぁ。。。


2014-12-17-13-10-49


そうだ、日本交通にタクシー予約しておこう。



や、ちゃうわ、その前に一緒に行く相手だ、相手。



Mamma Luisa's TABLE 

 

先週行ったばかりなのにまた行ってるよ、、、と思われていることはわかってます。
でも、トレタで俺のイタリアン東京もweb予約ができるようになったことがうれしくて大興奮してついつい予約してしまったから行くしかないじゃん。。
ってことで広報飲みに行ってまいりました!

今回はTech crunchの岩本さんと広報担当のBASEの田中さん、アライドアーキテクツの横山さんにモイの丸吉さんと家入あっこさんの総勢6名で。

外に並ぶことなく、予約時間前にすんなり入れましたよ〜!
2014-11-06-19-27-59

イタリアンもステージがあります。
だがしかしだ、フレンチよりも音量でかい&がっしがし鳴らすのでけっこう会話できなくなるレベル。
前半はちょっといらついたんだけど、後半は酔っ払ってくると逆にそれが面白くなってくるから不思議。
「ぜんぜん話せないね〜ぎゃはははっははああ〜」てな具合です。
2014-11-06-19-51-23

2014-11-06-19-51-28

ここでも俺のなみなみを♪ 白のスパークリングは650円!
2014-11-06-19-34-49

んで、相変わらず溢れる・・・
2014-11-06-19-36-39

前菜にバーニャカウダー680円。フレンチよりはちょい高い。
いやいや、でも全然安いし。
2014-11-06-19-53-59

まだまだ前菜タイムなのに、もうこんなん出てきたー!!
殻付きウニコンソメジュレ 3個で980円!!!!!1000円切ってるし!!!!
これ8個くらい食べたいなってこっそり思ってた。
2014-11-06-19-40-26

今回も自撮り棒を前半から使いまくる。日に日に自撮り棒で自分がアホになっていくのを実感する今日この頃です。なーんか変な魔力あるんだよ、この棒。
2014-11-06-20-04-46

なんかウミウシみたいだねって出てきたときにちょっとバカにしたビジュアル。
食べたらまた「やりやがったな・・・」感がすごかった。
こんな図体しながら中身はプリンプリンなの。
たぶんこれインボルティーニだったと思う。 580円ですよ。。いや、オマール海老だったんかなぁ。。うまいってことには変わりないからね!次回は贅沢に恵方巻きみたいにしてガブッと食べたいなぁ〜
2014-11-06-19-54-18

そろそろお肉タイム入ります〜。お姉さんがこれは鹿、これはトリ、これは・・・と言っていくがもうスパーキンタイムに突入していたので、何が何だか。あとね、うるさくて全然聞こえないのよ。
とりあえず全部うまかった。

2014-11-06-20-04-09
2014-11-06-20-04-27

ほんで、本日もまたきましたよ、真打登場!!!
牛・フォアグラ・トリュフのミルフィーユ1180円!!
2014-11-06-20-01-45

んで、ここから炭水化物タイム。
今まで食べた中でもっとも香りがしっかり立っていた、ポルチーニのピッザ!これはここに来たらマストだな〜。。いまだコヤツがお口の中で香り立ったほわわわわん感が抜けません。
トリュフとボルチーニのビスマルクピッザ 980円。
2014-11-06-20-19-35

マルゲリータはまぁまぁ普通かな。580円。
2014-11-06-20-26-15
先輩、俺もう苦しいっす。
2014-11-06-21-08-37

酔っ払ったのでまた自撮り棒を出して遊んでたら隣の視線を感じる。
明らかに金持ちがかけるメガネをかけているおっちゃん、私の自撮り棒に向かってポーズとってきた。
撮るしかないか・・・と思いカメラの向きを逆にして撮ってあげた。
そこから何の仕事してんの〜?とか聞いてたら台湾の検索サイトのCEOだった。
やっぱり金持ちだった!
今度台湾行ったら小籠包ご馳走してもらおうっと。
やっぱりワタシおっさん釣るの上手だな〜。
2014-11-06-20-26-46

ここからデザートタイム突入!
俺のカタラーナ 450円
2014-11-06-21-08-29
なっ ティラミスソフトクリーム 250円・・・・・・・・・・・
2014-11-06-21-06-05

今回はものすごいスピードで注文したので、テーブルの上が常にぱんっぱん状態。
他のお店と違って俺のフレンチ東京もイタリアン東京もシェフがたっくさんいるので料理は全然待たずにガンガン出てきます!
なので、一気に頼まなくてもだいじょうぶだよ〜


で、トータルのお会計ですが今回はひとり5000円!
ボトルじゃなくてグラスでスパークリングワインを5杯くらい飲んだかな。


また行きたいな〜と思ってweb予約見たら、、、19時台が全然あいてない。。
もうしばらく来れないか・・・と思ってお姉さんと話していると、15時台はガラガラだし、21時台は予約受けてないからいつでも入れますよ〜と。

なので、すぐに来たいよってかたは土日祝日の15時台を予約するか、web予約なしで21時台にくるといいね!
このコスパの良さなら多少時間の調整するくらいぜんぜんいいわ〜と思えちゃいますわ。
誰か行こうよ〜

俺のフレンチ・イタリアン東京のweb予約はこちらからどーぞ!
http://www.oreno.co.jp/


10月30日にキラリトギンザがオープン。
その中に俺のフレンチ・イタリアンが入っているというので行ってきました!!

俺の~は電話予約でいつもいっぱいで並ぶのが大嫌いな私はわりと嫌煙してたのですが、
実はトレタのweb予約が使えるようになったので1か月前から楽々予約して今回挑んだわけです。

あぁ~楽ちん~♪トレタ~ 楽ちんだよぉおおおお


銀座駅から京橋方面に行く途中、三越下あたりで看板を発見!
全席着席とWeb予約できることが猛烈アピールされている!
もうすでに個々の時点でボルテージかなりあがってきた!!! 


店の前に着くと・・・

あれれれ、行列やん・・・

当日の人かな・・・?いや、ちがう。予約の人も並べってゆうとるわ。。。

せっかく予約したのにな~と思いながら並ぶも10分も経たないうちに店へ案内されました。
さすがに150名入る大箱だから並ばせて整理させないと地下の店前が大変なことになっちゃうんでしょうね。

この時点でちょっと(いや、かなり)テンションが落ちる。
やっぱり初日だし、オペレーションあんまりまわってなくて、料理も遅いんだろうなぁ・・・。
次の店どこにするか考えとかなきゃな・・・。(鮨勘でいっか~)


 

だ、だがしかしだ、、、

店の中入ったらすごかった!!!


どっどーーーーーーーーーーーーーーん!!!!!!!!!

どやー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 


シャンデリアが吊るされ、広~い店内はおっしゃれ~な雰囲気ですよ。

同じ時間帯に予約して先に入ってたお客さんのテーブルにももうドリンク が来てみんな楽しそう!!

オープンキッチンにもシェフがざっと2~30人はいる!!

ぎっしりいる!!!

すっげーいる!!!

 あ、ちょっとイケメンもいる!!!


とりあえず無事店内にも入り、テンションもバリ復活したので、
ドリンクを頼むことに。

俺のなみなみスパークリング 的な名前のものをオーダー。

こんだけなっみなみで700円。

ん、おかしなパレード始まっちゃうのか??
 

前菜的な感じでバーニャカウダ。このボリュームで580円。

やっぱりもう既におかしなパレードが始まってたみたい。

ソースがホイップ状のふわっふわで、とりあえずうまい。
何と何がどうなってこうなったのかは全然わからないけど、とりあえずうまー!!! 

野菜も普通のお店ではあまり出ないラインナップで楽しい。
アイスプラントや青梗菜、ミニニンジンとかいちいち楽しい。 

次にパテ・リエットの盛り合わせ。これも580円。。。

もう2セットくらい頼んで、タッパーに入れて持って帰って家のワインでもっかい楽しみたいくらい。

ラズベリーソースの酸味がレバーとびったり!びったりすぎる。考えた人えらいよ! 


はい、きたー、、きましたよー、、、

店員さんにおすすめは?と聞いたら出てまいりました サーモンマリネとウニのムース、

780円 どーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!


なんというか、味も値段ももちろんスンバらしいんですがね、
大混雑の中でも盛りつけに妥協していないところが感動なんですよね。

出てくるたびに「ひゃぁああああああ」と女子の悲鳴的なものが流れる、
もう声を隠しきれない、隠さないで楽しんじゃってよ的エンターテイメントなんですな。 

んで、料理は止まることなくどんっどん来ます。

蝦夷鹿とイノシシのソーセージ 680円。

はわわわわん。うまー! 
もうこの頃にはアドレナリンが出すぎて、また体内にうまいものが入りすぎてみんな

スパーク してきてます。

こんな感じw はっはっはー!!!!!!!!! 


で、出ました。

隣のテーブルに来ていたのをうらやましくて我慢できなくてオーダーした

オマールエビ 1480円!

ここにきて初めて1000円超えた!!!

いやいや、これ3000円くらい払っていいよ。いいんだよ。

で、でも1480円でいいって言うならそれだけにしとくけどさ。 ほんとにいいのぉ~?

ぱくっ


うまーーーーーーーーーーー!!!!ぷりっぷりっぷりぷりぷりぷりんせすぷりんせす!です!
 

そしてついに真打ち登場っすよ!

牛フィレとフォアグラのロッシーニ 驚きの爆価1480円!!!

もうこの日は朝からこのフォアグラのことばっかり考えてたもんね!

これをこの値段で食べちゃうと友人の結婚式で出てくるちょこんと乗ったフォアグラとかちょっと切ない気持ちで食べることになっちゃうんだろうな~という、また友人を失うような発言をしないようにしなきゃ!とか思っていながらも考えてしまったことを正直にブログに書いてしまうくらいに性格が悪いことはわかっているけど書かずにいられないくらいの威力ですね。

 


んで、そのあとに鴨胸肉のロティ 1480円もきたー!

もう前菜終わってからずっとメインメインメインメイン!という無秩序なコースが続いているけれども
もう私たちの頭ん中はスパークしっぱなしなのでおかまいなしにむさぼり食ってました。

胸肉だけれどもしっとりとして、肉汁があとからじゅわぁ~ 鴨肉らしい弾力もうまーです。

ボリューム満点。 

ボトルは2~3本あけたでしょうかね? 1本3200円ほどでした。

先に俺の泡をそれぞれ3杯くらい飲んでたことを考えると一人ボトル1本くらいは飲んでるなぁ。

もうおなかいっぱいだよ~ 食べれないよ~

と言ってたところに平目と緑茶のパピヨットが来た! パピヨットだと!?

今日最高額の1980円。

なにやら袋に包まれてきて、それをハサミであけてくれた。
興奮して写真をこのあととるのをやめたようですが、まぁまぁ平目がうまいの。

で、さらにサイドにいた根菜がうまいの。ナニコレ?なんだこの食感?
ちょっとサクサクしてるけど、カブだと加熱したらこうはならないし、大根ほどみずみずしくもないし、、、 


アテンドしてくれていた取締役の方にお伺いしたら、すぐそばのキッチンにいたフランス人の料理長に聞いてくれた!
ちなみにその右隣の方も上に貼った看板にのっているスターシェフで超イケメンダンディズムシェフでした。

で、それは菊芋というあまり流通していない珍しい芋 だったんだけど、ちゃんと料理に合わせて素材を厳選しているんだなぁ~と俺のフレンチの本気を感じた料理でした。
 

そんなこんなで、2時間たっぷり飲んで食ってしてのお会計は

なんと一人5600円!!!

上で紹介した以外にもチーズやら、あとミュージックチャージ&お通しの600円なども込みです。


あぁ、参りました。

ただ安いだけじゃなくて、料理の質もサービスもちゃんと担保されてることに感動ですよ。

もう、また来るしかないなー(トレタのweb予約使えちゃうんだもんなー)

最後は支配人と取締役が見送ってくれました!!!またくーるーよー!!!
 
(酔っ払いなので最後の方の写真はほぼブレブレ・・・) 



というわけで、俺のフレンチ東京 俺のイタリアン東京のご予約はぜひweb予約でね♪

http://www.oreno.co.jp/ 

↑このページのトップヘ